上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男子のヨーロッパチャンピオンズリーグメインラウンドは残り1節を残すのみとなりました。

各グループ1位のみがセミファイナルへ進む狭き門・・・現状を整理してみました。



=グループ?=

ここまでの順位は・・・

1位 THWキール 4勝1敗 +25
2位 アデマールレオン 3勝2敗 +8
3位 メドヴェーヂ 2勝3敗 -3
4位 USイブリー 1勝4敗 -30

となっており、キールとアデマールレオンの両チームに1位通過の可能性が残されています。

昨年の覇者THWキールが勝ち点・得失点差ともリードしての最終節は、キールのホームで両チームが直接対決です!


~最終節の対戦カード~
THWキール(ドイツ)vsアデマールレオン(スペイン)
メドヴェーヂ(ロシア)vsUSイブリー(フランス)



=グループ?=

ここまでの順位は・・・

1位 シウダッドレアル 4勝1敗 +17
2位 グンメルスバッハ 3勝2敗 +11
3位 モンテペリエ 2勝3敗 -7
4位 RKヴェレニエ 1勝4敗 -21


となっており、こちらも首位のシウダッドレアルと2位グンメルスバッハが最終節で直接対決を残しています。

こちらも首位シウダッドレアルのホームで行われ、シウダッドレアルは勝つか引き分けるかで1位通過です。

~最終節の対戦カード~
モンテペリエ(フランス) RKヴェレニエ(スロベニア)
シウダッドレアル(スペイン) グンメルスバッハ(ドイツ)



=グループ?=
 
ここまでの順位は・・・

1位 HSVハンブルグ 3勝1分1敗 +7
2位 RKザグレブ 3勝2敗 +0
3位 サン・アントニオ 2勝1分2敗 +7
4位 SGフレンスブルグ 2分3敗 -14

となっておりますが、こちらは1-3位の各チームに可能性が残されています。

首位ハンブルグはアウェイに乗り込んでのサン・アントニオ戦。
勝てば文句なしの1位通過です。

対するサン・アントニオは勝てば可能性が残り、フレンスブルグvsザグレブの結果も重要になってきます。

~最終節の対戦カード~
サン・アントニオ(スペイン) HSVハンブルグ(ドイツ)
SGフレンスブルグ(ドイツ) RKザグレブ(クロアチア)



=グループ?=

ここまでの順位は・・・

1位 FCバルセロナ 4勝1敗 +24
2位 GOGスヴェンボー 3勝2敗 +0
3位 ピック・セゲド 2勝3敗 -11
4位 ツェリェ 1勝4敗 -13

となっており、首位FCバルセロナはホームでの最終節で勝つか引き分ければ1位通過となります。

~最終節の対戦カード~
FCバルセロナ(スペイン) ピック・セゲド(ハンガリー)
ツェリェ(スロベニア) GOGスヴェンボー(デンマーク) 


こうして見ると、今期もスペイン勢とドイツ勢が勝ち上がりそうな雰囲気です。

キールやバルセロナは問題なく突破出来そうな感じがしますが、グループ?は最後までわかりませんねー。

ハンブルグはアウェイでのサン・アントニオ戦・・・厳しいかもしれませんが、何とか頑張ってもらいたいです!!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hansukehandball.blog111.fc2.com/tb.php/77-fb6618e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。