上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
でんでんさん、yukiさん、情報ありがとうございました。

自分への覚書の意味も込め、改めて現状を簡単に整理してみたいと思います。

まず・・・
=グループ?=

最終戦の「THWキール(ドイツ)vsアデマールレオン(スペイン)」で

・キール→勝つか引き分けるかで突破が決定、負け=敗退
・アデマールレオン→勝てば突破が決定、引き分けか負け=敗退


続いて・・・
=グループ?=

最終節の「シウダッドレアル(スペイン) グンメルスバッハ(ドイツ)」で

・シウダッドレアル→勝つか引き分けで突破、2点差以上で負け=敗退
・グンメルスバッハ→2点差以上で勝てば突破、引き分けか負け=敗退

1点差でグンメルスバッハが勝てば、アウェイゴール数が絡んでくる事になります。
(シウダッドレアルはアウェイで28点を挙げています)


複雑なのが・・・
=グループ?=
 
ここまでの順位は・・・

1位 HSVハンブルグ 3勝1分1敗 7P
2位 RKザグレブ 3勝2敗 6P
3位 サン・アントニオ 2勝1分2敗 5P
4位 SGフレンスブルグ 2分3敗 2P


最終節の対戦カードが

サン・アントニオ(スペイン) vs HSVハンブルグ(ドイツ)
SGフレンスブルグ(ドイツ) vs RKザグレブ(クロアチア)

となっており、3チームが絡む争いとなっているために条件も少し複雑になります。

全てを書き出すと大変な量になりそうなので(爆)、結論だけ・・・

ハンブルグは勝つか引き分けで突破確定、サンアントニオとザグレブは勝利が前提です。

端折りすぎですね(汗)

土曜日のサンアントニオvsハンブルグ戦の結果を見て、日曜の朝に細かい点を書き記そうと思います。



=グループ?=

首位FCバルセロナが2位スヴェンボーとの2試合を終えており、もし最終節でバルセロナが敗れ、スヴェンボーが勝ったとしても当該対戦間の得失点差でバルセロナが3点上回っているため、最終節を待たずしてFCバルセロナがグループ?の突破を決めました!


決戦は週末・・・土日に行われます。

日本リーグのプレーオフもありますし、今週末もハンドボールに熱くなりそうです!
(仕事も・・・ですが 汗)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hansukehandball.blog111.fc2.com/tb.php/76-3689cc75
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。