上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北京五輪出場をかけた世界最終予選・・・

ルーマニアで開催されているグループ?に属している日本は初日、地元ルーマニアと対戦しました。


ルーマニア 44-21 日本


完敗でしたね。


前半、立ち上がりは日本のペースでした。

GK飛田が止め、東濱や藤井らが積極的にゴールを狙い、ポスト坂元を生かした攻撃も有効的でした。

15分を過ぎても日本が2~3点をリードする展開に、「おぉ、もしや!」と思われた方も多かったのではないでしょうか?


中盤以降は日本のシュートがとめられ、速攻から連続失点を喫する等で逆転されましたが、世界選手権のハンガリー戦やスペイン戦のように『日本の良さ』を感じる前半だったと思います。



後半は地力の差・・・でしょうか?

ネット環境が悪かったのか紙芝居のような状況での観戦だったので、内容を詳しく書き記すことは出来ませんが・・・



とにかく。世界選手権4位のルーマニア相手に戦った結果として、このスコアを受け入れなければなりませんね。




昨夜のもう1試合の結果は・・・

ハンガリー 39-30 ポーランド

となっています。



日本は昨年12月の世界選手権でハンガリーと対戦し、35-31で敗れていますが、非常に良い試合でした。
(自分がリアルタイムで見た時のハンガリー戦の状況を書き記した記事は下記の通りです。素人ながらの戦況報告です・・・汗)

世界選手権ハンガリー戦 前半

世界選手権ハンガリー戦 後半


過去の対戦結果が何の意味も持たない事は十分承知していますが、残り2試合勝てる可能性が無い訳ではありませんよね。



今夜は世界選手権11位のポーランドとの対戦です。

(今日は実家に帰るため、ネット配信が見れんとですorz)



他のグループの結果です

グループ?
クロアチア 31-25 キューバ
ドイツ 27-26 スウェーデン


グループ?
韓国 37-23 コンゴ
フランス 34-10 コートジボアール

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hansukehandball.blog111.fc2.com/tb.php/61-a157fc45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。