上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男子の日本代表が五輪予選を戦い、女子の日本リーグが開幕する中、学生日本一を決めるインカレがいよいよ始まります。

先日発売されたスポーツイベント誌にも大会の展望と共に、各大学の主力選手達が紹介されていましたね。

私の目は当然関西勢の皆さんへ向くわけで…イベント誌に掲載されなかったチームも含め、改めて関西勢各チームへの思い入れを少し…。


=男子 大阪体育大学=
去年の大阪インカレではベスト8で早稲田大学に敗れてしまいましたが、主力3名がそれぞれ日本リーグに進んだ事からもその力強さは間違いなかったと思います。

今年のチームは去年とは少し違う特徴も見せつつ、やはり伝統の速さと力強さは関西一。
選手層も厚くどの選手が出ても変わらぬ得点力には、来季以降の強さも感じさせますね。
エース成田選手、センター植垣(健)選手らが攻撃のリズムを作り、sukeさんから『注目してくれ』と言われ続けていたキャプテン雑賀選手がチームを上手くまとめあげています。
個人的に1年から注目していた植垣(貴)選手の活躍にも期待したいです。


=男子 関西大学=
西日本インカレで大体大、中京大を下して頂点に立った関大。
4年生を中心にとにかくスピード感のあるゲームを展開し、見ていてワクワクするチームです。
波に乗った時の爆発力は全国でもトップクラス…大体大と同じく頂点を狙える位置にいると思います。

チームを引っ張るキャプテン田月選手や平木選手らのリードから左腕エース三浦選手、高確率のシュート力を持つ両サイドの中嶋選手、湯川選手らへの展開で一気に勝ち上がって欲しいです。


=男子 桃山学院大学=
昨年はキャプテンを中心に、多彩なオフェンスで大体大を追い続けた桃山学院大。

今年のチームはエース黒田選手や榮選手を中心にとした高さのあるオフェンスが魅力的に感じました。
春のリーグでは苦戦が見られたものの、秋にはその地力を見せての2位。
去年のインカレでのリベンジ、是非果たしてもらいたいですね!
キャプテンの松岡選手や高いテクニックを持つ近藤選手らにも注目です。


=男子 同志社大学=
昨年のインカレベスト8の同志社大学。
今年も春3位、西日本インカレ3位と確実に結果を残してきました。
センターの児玉選手のファンタジスタなプレーからシュート力抜群の小山選手、萩原選手へと展開する攻撃力は、ツボに入ると相手チームにとって大きな脅威になること間違いなし。
GK白玖選手を中心としたディフェンスからスピードのある林選手や加藤選手らの速攻がバシバシ決まれば、一気に勝ち上がっていけると思います。


=大阪経済大学=
高さのあるオフェンスから得点を量産し、秋のリーグで3位に躍進した大経大(総得点236点は大体大に次ぐリーグ2位)。
得点能力の高い内川選手や大野選手、上間選手らバックプレーヤーがツボにはまれば、キビシイ組み合わせ(初戦:明治大、勝てば筑波大or中部大)でも怖くないと思います!
躍動感溢れるサイドプレーヤー永井選手にも注目です♪


=関西学院大学=
矢吹選手やsukeさんお奨めの田中(雄)選手らセンスのある選手を中心に、3年生以下の若い選手も多く揃う関学大。
よく足の動くディフェンスからの速攻は展開力があり、連続速攻が出ると一気にゲームの流れを持って行けると思います。
キャプテンの山口選手やスピードのある笹野選手らの活躍にも期待大です。
まずは初戦を良い形で戦って欲しいですね。


=立命館大学=
2部から昇格した今秋…上位陣との対戦では水をあけられるシーンがあったものの内容の良い試合も多く、坂本選手や長谷川選手らテクニック豊富なバックプレーヤーを中心に、来季以降もとても楽しみなチームです。
インカレでは早稲田大学と初戦で対戦するという厳しい組み合わせになりましたが、是非とも金星を挙げてもらいたいですね!


=京都産業大学=
今年の秋までずっと維持してきた1部の座を明け渡してしまった京産大ですが、萬谷選手や藤永選手、松尾選手らの切り込んでいくプレー、笠原選手のミドルなど地力は十分。
1試合1試合を大事に勝ち上がってもらいたいです。



以上、男子編でした。
あまり細かい部分まで書き記す事が出来ず、付け刃っぽい文章になってしまいましたが…どのチームにも勝ち上がって欲しいし、どの選手にも活躍して欲しいと思っています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hansukehandball.blog111.fc2.com/tb.php/566-18540afa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。