上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドイツで行われている男子ハンドボールの世界選手権は最終日に決勝と3位決定戦が行われました。

決勝
ドイツ 29-24 ポーランド

3位決定戦
デンマーク 34-27 フランス

最終結果

 優勝 ドイツ
 2位 ポーランド
 3位 デンマーク
 4位 フランス
 5位 クロアチア 
 6位 ロシア
 7位 スペイン
 8位 アイスランド
 9位 ハンガリー
10位 スロヴェニア
11位 チュニジア
12位 チェコ
13位 ノルウェー
14位 ウクライナ
15位 韓国
16位 アルゼンチン
17位 エジプト
18位 クウェート
19位 ブラジル
20位 モロッコ
21位 アンゴラ
22位 グリーンランド
23位 カタール
24位 オーストラリア

個人表彰は・・・
最優秀選手 Ivano Balic (クロアチア)
得点王   Gudjon Valur Sigurdsson (アイスランド)

ベスト7
GK   Henning Fritz (ドイツ)
ライトウィング Eduard Kokscharow (ロシア)
レフトウィング Mariusz Jurasik(ポーランド)
ポスト   Michael Knudsen(デンマーク)
ライトバック  Marcin Lijewski(ポーランド)
レフトバック  Nikola Karabatic(フランス)
センターバック Michael Kraus(ドイツ)

開催国ドイツが見事に優勝しました。素晴らしい!
そしてMVPがクロアチアのバリッチ選手。短い動画の中でもひときわ目立つプレーが見られました。

正直今大会を見るまで、ヨーロッパの選手は殆ど知らなかったのですが、ハイライト動画を見て好きになった選手も数名出来ました。

一番好きになったチームはクロアチア、ポーランド、そしてドイツ。
逆にちょっとがっかりだったのがスペインでした。

まずはスポーツイベント誌で詳しい結果を見て、あとはDVDだー。
お金貯めとかんと・・・

さて、今週からドイツはブンデスリーガが再開、そして日本でも男子が日本リーグ再開となります。

これからもちょっとずつですが、色んなリーグの情報を探してみたいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hansukehandball.blog111.fc2.com/tb.php/440-56bb42de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。