上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドイツブンデスリーガの試合結果です。

~男子1部~
2月21日
エストリンゲン 32-27 マグデブルグ

2月22日
ハンブルグ 34-26 ミンデン

1位 フレンスブルグ 勝ち点35
2位 キール        34
3位 ハンブルグ      34
4位 グンメルスバッハ   32
5位 マグデブルグ     31

3位のハンブルグは他チームよりも1試合多く消化しています。


~男子2部(南)~
2月21日
アウェ 24-26 デーリッチュ

アウェの植松選手は2得点、デーリッチュの河田選手は1得点でした。

アウェは11位、デーリッチュは12位になっています。

2部南地区の1位はTusemエッセン。

エッセンは1部の強豪チームでしたが、資金関係の問題で2部に降格。
過去には元ソ連のエースであるツチキンが在籍(スカ・ミンスクから移籍)した事もあり、個人的に応援(ツチキンが在籍中のみですが)していました。


そして、男子1部ですが・・・

最近ハンブルグがお気に入りになりつつあります。
今まで意識せず月刊誌を見ていましたが、ハンブルグって結構オールスターなチームなんですよね。
ドイツ代表キャプテンのバルカル・ヘンズ、フランス代表のジル兄弟、韓国代表の尹京信、ポーランド代表のリジェウスキ、ロシア代表(元かな?)のイヴリー・ラフロフ、他にも代表クラスが山盛りです。
自分的には尹京信とラフロフだけでお腹いっぱいですが、ヘンズは世界選手権の試合を見て、元日本代表の中山剛(現湧永製薬監督)に似ているなぁと思い、ちょっと注目株です。また、ジル兄弟は実際のプレーをじっくり見たことがないのでよくわかりませんが、よく月刊誌に名前が出てくる兄弟ですね。

ハンブルグは大阪市と友好都市関係にありますし(自分にはあんまり関係ないですが)、ちょっと贔屓目で見てしまうかも知れません。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hansukehandball.blog111.fc2.com/tb.php/423-05192cc7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。