上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドイツのブンデスリーガの3月18日、20日に行われた試合結果です。

~男子1部~
3月18日
ヒルデスハイム 22-23 デュッセルドルフ

3月20日
マグデブルグ 30-30 ノートホルン

~女子1部~
ギェッピンゲン 29-26 オルデンブルグ
※ギェッピンゲンには田中麻美選手(GK)が所属

フランクフルト 35-26 ブロムベルグ
※フランクフルト所属の金城選手は1得点

女子2部南地区のSCリーザはホームでツヴィッカウと対戦しましたが、24-30で敗れました。
リーザの内林選手は5得点を挙げましたが及びませんでした。

リーザはあと4試合を残し勝ち点7の最下位(13位)と苦しい状況です。

11位とは勝ち点差2、上位チームとの対戦も残っていますが最後まで諦めずに頑張って頂きたいところです。


ブンデスリーガ男子1部は各チームとも残り10試合前後が残っており、まだまだどうなるかわかりません。

対して女子1部は残り2試合程となり、首位ニュルンベルグが勝ち点35、同勝ち点ながら得失点差で2位がライプツィヒ、3位に勝ち点33でレヴァークーゼンが続いています。
この3チームは直接対決を終えており、今のところニュルンベルグが優位である事は間違いないところです。


さて・・・今度はスペインリーグの事も調べてみたいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hansukehandball.blog111.fc2.com/tb.php/405-54b9bb99
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。