上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドイツのブンデスリーガは3月21日に男子1部の4試合が行われました。

ネッテルシュテッド(17位) 27-41 キール(1位)

ヴェッツラー(16位) 22-34 エストリンゲン(8位)

メルスンゲン(14位) 26-38 グンメルスバッハ(3位)

ヴィルヘルムスハーフェナー(11位) 36-43 ハンブルグ(2位)


上位チームが危なげなく勝ったようで、上位の順位に変動はありません。

首位キールと2位ハンブルグの勝ち点差は2。
さらにハンブルグと3位グンメルスバッハの勝ち点差も2。
後続も4位フレンスブルグ、5位マグデブルグが勝ち点1差ずつで追いかける展開になっており(マグデブルグは1試合多く残っています)、まだまだわかりませんよー。


そして、ハンブルグの尹京信はヴィルヘルムスハーフェナー戦で8得点を挙げ、ブンデスリーガの通算得点記録更新まであと13点に迫りました。

尹京信は今シーズンここまで25試合で179得点(内7mスロー68得点)をたたき出し、得点ランキングTOPです。

ハンブルグびいきの私としては彼の活躍はとても嬉しいのですが、9月のアジア予選を考えると・・・ちょっと複雑でもありますね(汗)。
恐るべし33歳。。。

ちなみにブンデスリーガの通算得点記録等はオイローパ様のサイトに詳しく掲載されていますので、興味のある方は是非。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hansukehandball.blog111.fc2.com/tb.php/404-54c8c2d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。