上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男子のヨーロッパチャンピオンズリーグは5月1日にセミファイナル1試合が行われました。

バリャドリード(スペイン) 25-24 フレンスブルグ(ドイツ)

この結果、トータルスコアが フレンスブルグ 56-55 バリャドリード となり、フレンスブルグがファイナル進出を決めました。


先にファイナル行きを決めていたのは、THWキール。
そう、遂にファイナルはドイツのクラブチーム同士が対戦するという事になりました。

ドイツW杯の勢いそのままに、ドイツ勢の躍進が光るチャンピオンズリーグとなりましたね。

THWキールはブンデスリーガで現在首位、対するフレンスブルグは勝ち点差5の5位につけています。
ブンデスリーガでは12月23日にキールのホームで対戦し、36-34でキールが勝利しています。

ブンデスリーガでは5月26日にフレンスブルグのホームでもう1度対戦する両チームですが、その前の4月14日にはDHB-Pokal(ドイツ国内選手権)のセミファイナルでも対戦する予定になっています。


キールにはフランス代表のカラバティッチやオメイヤー、スウェーデン代表のアンダーソン、ロフグレン、ドイツ代表GKのフリッツ、ツァイツ等・・・。
フレンスブルグにはポーランド代表のリジェウスキやデンマーク代表のボールドソン、クロアチア代表のラコビッチらが所属しています。
(※)ポーランド代表にはリジェウスキという選手が2名おり、もう一人のリジェウスキはハンブルグ(ドイツ)に所属しています。
ちなみにフレンスブルグのマーティン・リジェウスキは先の世界選手権でベスト7に選ばれています。

今回も日本時間で間違いなく深夜になるかと思われるファイナルですが、何とかして2試合とも見たいところです。
(日程はまだ未確定)


今度は失敗しませんように・・・。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hansukehandball.blog111.fc2.com/tb.php/393-4423b9c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。