上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※この記事は、Handball Fan's eyeに書き記したものと同じ内容です。



昨日、サッカーのU23代表がU23カメルーン代表と親善試合を行っていました。

U23代表には既にJリーグで活躍している選手が多く、知っている選手が数多く試合に出場していました。


この試合を見ながら、ハンドボール界に置き換えて色々と考えていました。


まず来月イタリアで開かれる世界学生選手権に挑む男女の日本代表・・・ハンドボールのU23代表と言っても良いのかな?(23歳を超えている選手もいるかと思いますが、世代としては23歳以下のカテゴリーに近いかと思います。)

男子の代表16名のうち、日本リーグのチームに所属している選手は10名。
残る6名は日体大5名と大体大1名という編成になっているようです。

一方の女子は15名中9名が日本リーグの所属選手で、残り6名が学生ですね。

(代表選手名簿はこちら


男女とも、日本代表を経験している選手が数名ずつ入っており、次の世代を必ず担うであろうメンバー構成であるという印象を受けます。


この大会はアジア予選が行われておらず、日本代表の実力的なものを測る事は出来ません。

この先、五輪や世界選手権に出場するためには、アジアの枠を勝ち抜かなければならない訳で、今回は直接世界と戦う(しかも同世代で)貴重なチャンスと言えますね。

当然、上位進出を目標としているでしょうし、ファンとしては期待せざるを得ません。
要チェックですね。



で、アジアの枠を勝ち抜かねば世界の舞台に立てないのが『ジュニア』と『ユース』。

男子のジュニアアジア選手権は7月25日から、シリアで行われるとの事。
ジュニア=U19世代といったところでしょうか。

ここのところ、ジュニア世代はアジアの枠を勝ち抜けていません。

もちろん『例の笛』の影響はあったでしょう。

が、クウェートのジュニアと韓国のジュニアは世界ジュニアでも好勝負を演じたほどのレベルであった事から、中東勢の実力を甘く見る事は出来ません。
(先のアジア選手権での日本代表の順位を考えると、ハナから中東勢を見下す事は絶対に出来ませんが)

代表メンバー等はまだ発表されていませんが、現役の高校生+大学1回生といったチーム編成になるのでしょうか・・・。
メンバーが判り次第、改めて掲載したいと思います。


『ユース』も同様ですね。
U16世代・・・になるのでしょうか?

7月11日からヨルダンで開かれる予定だそうで、メンバーはまだ発表されていません。

ぶっちゃけ、いわゆる『中東の笛』問題がどこまでクリアされているのか不透明です。
笛は吹かれずとも、選手の力加減(気持ち加減?)1つで得失点差なんぞどうでも出来る可能性がある訳で・・・(あくまでも『可能性』ですよ)


両大会ともどういった雰囲気の中、どういった管理体制の中で行われるのかわかりませんが、いずれ日本ハンド界を背負っていくという自覚を選手自身が持ち、強い気持ちで戦って頂きたいと思います。


というか、各大会とも情報が少ないですね・・・やはり。

日本の情報も少ないですが、世界の情報はもっと少ないです。

世界学生の参加国を見ていると、男子ではロシアやハンガリー、チェコ、ポーランド等、強豪国の名前は挙がっているものの、ドイツ、クロアチア、フランス、スペイン等の名前はありませんね。

女子も韓国やデンマーク、ドイツ、フランス等の名前はなく、U23世代の最強チームを決定する大会とは言い難いかも知れません。。。

なので、余計に結果を妥協評価してはいけないとも言えるでしょう。


ここ2年程前にハンドボールを再び見始めた私が、今の若い世代の選手をあーだこーだと語ることは出来ませんが・・・しかし負けるために参加する訳ではないでしょうし、若い世代とはいえ、日の丸を背負って戦いに挑むわけですから・・・

目標は高く!といった視点が、選手・スタッフにも、サポーター・ファンにも必要なのだと思います。


世間の目が再びハンドボールに目が行くような(しかも良い意味で)結果を期待したいと思います♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hansukehandball.blog111.fc2.com/tb.php/38-cdd54fac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。