上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドイツのブンデスリーガは男子の第27節全9試合のうち6試合が消化されました。

4月18日
エストリンゲン 41-36 グンメルスバッハ
レムゴ 38-29 ネッテルシュテッド
ミンデン 24-27 マグデブルグ

4月21日
ギェッピンゲン 29-30 メルズンゲン
ノートホルン 33-27 ヴェッツラー

4月22日
デュッセルドルフ 25-20 ヴィルヘルムスハーフェナー


また、第28節の試合も2試合が消化されています。

4月22日
グンメルスバッハ 29-32 レムゴ
ネッテルシュテッド 30-27 ギェッピンゲン


グンメルスバッハがここで痛い2連敗を喫してしまい、暫定4位となっています。

第27節の残り3試合は
5月8日
ハンブルグ-グロースヴァルシュタッド
キール-ヒルデスハイム

5月9日
バリンゲン-フレンスブルグ

と、各トーナメントファイナル進出チームの試合が残されています。


さて、去る4月24日、ドイツ代表(男子)がドイツのコンスタンツにてスイス代表を招き入れ、テストマッチを行いました。

ドイツ 35-28 スイス
  (前半19-15)


コンスタンツのホールの収容人数は約1400人ですが、この試合には1800人ほどの観衆が集まったようで、世界選手権終了後の代表チームへの注目度というのが伺えるようですね。

この試合ではグランドルフ(ノートホルン所属.24歳の195センチの長身左腕)が7得点を挙げる活躍を見せ、カルフマン(ヴェッツラー所属.25歳)も5得点をたたき出しています。

スイス代表ではリニガー(ヒルデスハイム所属)が8得点、フェルマン(スイスのグラスホッパー所属)が7得点を挙げています。


さて、いよいよチャンピオンズリーグFINALは明後日が第2戦です。

第1戦をアウェイで引き分けたTHWキールが有利であるのは明らかですが、フレンスブルグとは今期3試合対戦しており接戦が多いんですね。

12月23日(リーガ第16節)
THWキール 36-34 フレンスブルグ

4月14日(DHBポカールSEMI-FINAL)
THWキール 34-33 フレンスブルグ

4月22日(チャンピオンズリーグFINAL)
フレンスブルグ 28-28 THWキール

と、ここまで3試合でキールの2勝1分ですが、大接戦なのは間違いないですね。
 ※リーガ16節はキールのホーム。
 ※ポカールはハンブルグで。
 ※チャンピオンズリーグはフレンスブルグのホーム。

さて、29日はどうなるでしょう!?
そして、ネット配信されるのでしょうか!?(←こっちが重要)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hansukehandball.blog111.fc2.com/tb.php/376-81e5ab09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。