上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドイツの男子ブンデスリーガは第32節が行われました(1試合除く)。


ギェピンゲン 32-39 キール
エストリンゲン 30-28 ハンブルグ
フレンスブルグ 35-28 マグデブルグ
グンメルスバッハ 38-28 バリンゲン
グロースバルシュタッド 31-19 ヴィルヘルムスハーフェナー
レムゴー 26-26 ノードホルン
ヴェッツラー 33-27 ヒルデスハイム
ネッテルシュテッド 31-30 ミンデン

あぁ・・・ハンブルグやっちまいました(涙)。
嫌な予感がしていた31~32節。
グンメルスバッハをホームでかわし、アウェイの32節を乗り越えればもしかしたら・・・という期待もしていたのですが、エストリンゲンにやられてしまいました。

第28節でキールを破っていたエストリンゲン・・・ホント嫌な予感がしていました。


これでキールとハンブルグは勝ち点差2、かつ、両チームの得失点差は106もあります。
残り2節。
キールの3冠(ポカール、チャンピオンズリーグ、ブンデスリーガ)が現実味を帯びてきました!!!


追伸:あまりのショックに衝動買い(微嘘)

AQUOS

※ショックのせいではないものの衝動買い。
32型液晶+HDレコーダー込みで22万やったら安くないですか?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hansukehandball.blog111.fc2.com/tb.php/361-f2e6b069
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。