上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ今月末、ハンドボールのブンデスリーガ07-08シーズンが開幕します。

とは言うものの、正直今は『ブンデスリーガ<オリンピック予選』という心境ではありますが・・・
やはりこの時期は各クラブとも最後の調整を行っているようで、軽くチェックしてみました。


前シーズンで最後までチャンピオンを競ったTHWキールとHSVハンブルグですが、共に『Brummerhoff-Cup』というトーナメントに参加しました。

結果、THWキールが優勝、2位はベスプレム(ハンガリー)、HSVハンブルグは3位となっています。

ファイナルのキールvsベスプレムではキールに新加入したフィリップ・ジチャ(チェコ代表)が10得点と大暴れ、キム・アンダーソン(スウェーデン代表)も6得点を挙げており、今年もハンブルグにとっては脅威となるでしょうね。


HSVハンブルグはベスプレムに30-33で敗れた後、コリングIF(デンマーク)に35-32で勝利、3位となりました。

試合内容の詳細はわかりませんが、HSVのコーチであるマーティン・シュワルブは『今日、我々は土曜日(ベスプレム戦)と比較して非常に異なったチームを見ました。 結果、私はもちろん非常に満足しています。 しかしながら、このゲームは同じく我々がシーズンのスタートまで、まだたくさんの仕事を持っていることを示しました。』とのコメントを残しています。


そして、Sparkassen-Cupという16チームによる大きなカップ戦も行われていましたが、詳細はリンクを貼らせて頂いているWUNDERBAR!Handball.netさんのブログの書かれていますので、興味を持たれた方は是非見てみて下さい(北のwunderbar! さん、リンク貼らせてもらいました)。

今シーズンもTHWキールが優勝争いの中心になるでしょうし、そこへハンブルグ、フレンスブルグ、エストリンゲン、グンメルスバッハ等などが絡んでくるのかな?という、ここ数年と同じ様な感じになりそうでしょうか。。。


今シーズンは最初からガシガシとチェックしていきたいと思います。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hansukehandball.blog111.fc2.com/tb.php/325-2efe0397
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。