上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マケドニアで開かれている男子の世界ジュニア。。。

現地24日、順位決定戦とセミファイナルが行われました。


19-20位決定戦 アンゴラ38-29チリ

17-18位決定戦 チュニジア39-26ブルガリア

15-16位決定戦 ブラジル39-41ポルトガル

13-14位決定戦 スロベキア32-34アルゼンチン

11-12位決定戦 韓国39-37クウェート

9-10位決定戦 スロヴェニア25-28フランス

7-8位決定戦 エジプト26-32スペイン

5-6位決定戦 マケドニア23-30ロシア


セミファイナル

スウェーデン32-29デンマーク

クロアチア22-29ドイツ


この結果、現地26日のファイナルはスウェーデン-ドイツ、3位決定戦はクロアチア-デンマークとなりました。


個人的に注目していた順位決定戦の『韓国-クウェート』は2点差で韓国の勝利となりました。
(広島でのアジア予選では34-28でクウェートが勝利)


マケドニアでの開催でありIHFの主催試合という事で、いわゆる『中東の笛』というものに左右されないであろう世界ジュニアという大舞台で、クウェートと韓国の本当の力関係はどないやねん?と思っていたのですが。

個人的には『もっと差がつくのかな?と思っていた』というのが率直な感想です。


ジュニア層の大会なので、これが直接代表チームの力関係に繋がる訳ではありませんが、やはりクウェートの実力は侮れないものなのだと強く感じました。


いよいよ来週に迫った男子の五輪予選・・・日本は2戦目にクウェートと対戦します。
この試合、もしかしたら『中東の笛』というものが吹き荒れるかもしれません。

しかし、それがなくても・・・強いフィジカル力を持つクウェートに対し、日本は対等に戦えるのか?

自分はそれが知りたくて直接クウェート戦を見たいと思っていましたが、残念ながら日程の都合上諦めざるを得ませんでした。

なので、クウェート戦当日は、実家でBS観戦・・・クウェートの実力、この目で確かめてやろーぢゃないかよ!ってな感じです。

まさか全国放送されている状況で、『中東の笛』なんて・・・あり得そうで少し怖いですな(苦笑)。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hansukehandball.blog111.fc2.com/tb.php/318-9724521f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。