上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.04
国体が始まりましたねー。
今の時間(午後0時37分現在)は成年男子一回戦がオンライン配信されています。
それを見つつブログの更新を・・・。

そして、今日もハンドボールとは関係のないお話を(ぉぃ)。


私の家族は、私を含めて3人です。

私と嫁さん、そして長男のこてつ(犬、生後114日)。

こてつと私達は生後4日目に三重県で出会い、生後2ヶ月で我が家へとやってきました。子供の居ない私達夫婦にとっては、まさに長男坊です。

『ウェルッシュ・コーギー・カーディガン』という犬種です。


彼が来てから、我が家の生活は一変しました。

元々私達は会話を絶やす事のない夫婦でした(大阪人はしゃべってナンボ)が、こてつの躾、ちょっとした仕草など、全てが私達の会話のネタになります。

仕事の関係で、介護施設を訪れる事がよくあるのですが、その施設では毎月ドッグセラピーというものがあるそうで、介護向けに訓練された犬達がお年寄りの方々と触れ合い、気持ちを和らげる効果を持つそうです。


実際、私も仕事で嫌な事があったり、疲れて帰った時などでも、こてつが尻尾フリフリで出迎えてくれる姿を見るだけで癒されるものです・・・。

躾という点では悩み事も多いのですが、本当の『子育て』をしていると考えれば、親としての当然の苦労だと思えます。


そんなこてつの躾を通してわかった事があります。

「お座り」「待て」「お手」「おかわり」「伏せ」といったコマンド(命令)を出すとき、こてつとは必ず目を合わせなければいけません。

なので、まず私達が「こてつ!」と呼べば、必ず私達の目を見るように教える事が大事でした。

目を合わせてからコマンドを出すように練習を続ける事で、コマンドを覚えるのが早くなり、信頼関係も出来ました。


これって人間関係にも当てはまるところやなーって思いました。


小さい頃、『人と話す時は、相手の目を見て話しなさい』『相手の目を見て話を聞きなさい』と言われました。

あぁ、目を合わせるって大事な事なんやなーって、改めて実感しました。


私は仕事柄、小さな会社の社長さんとお話する機会が多くあります。

社長さんとは、お仕事の事以外にも色んな会話を重ねる事が多いです。

中には他愛のない話題もあり、笑顔で会話をする事も多々ありますが、そんな時でも殆どの社長さんは私の目を見てお話されます。

私はまだ意識しないと目を見て話せない事があるので、いつか自然と相手の目を見て話が出来る人間になりたいなと思っています。


そんな人として基本的な部分を、知らず知らずの間こてつに教わっていたんですねー。


嫁さんが作っているホームページがあります。
(hansuke's Familyっていう名前は気に入りませんが・・・汗)

http://hansukefamily.web.fc2.com/index2.html

お時間のある方は覗いてみて下さい。。。


長男坊もよろしく

まだまだヤンチャ坊主ですが(汗)






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hansukehandball.blog111.fc2.com/tb.php/263-e48b77c1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。