上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校1年生の夏休み。
私達は初の合宿に入りました。

しかも他校との3校合同合宿。


他校の1年生との試合は初めてになります。

その合宿で一緒になった高校には、中学時代に大阪選抜を経験した選手が居ました。

彼は既に新チームにレギュラーになっており、合宿に行く前に先輩から話を聞いていたので、一緒に練習するのが楽しみでした。



ところが。


合宿初日、宿に着いた私は気分が優れず、熱を計ったところ38度を超えていました。

そして初日から3日間、ずっと宿の部屋にこもりっきりでした。



やっと熱が下がった4日目の天気は

小雨の降る中、長距離走をこなすだけの一日で、ボールに触る事は出来ませんでした。


そして最終日。

天気も回復し、グラウンドも先生方のおかげで使える状態になり、最後の合同練習が出来ました。
と言っても最終日は午前中のみという日程になっていたため、練習ではなく先輩達の試合が中心に。

自分達は2試合したものの、まだまだ素人の域を脱せず、大阪中学選抜を擁するS高には歯が立ちませんでした。

ちなみに、中学選抜の彼は身長が160センチ台と低いにも関わらず、フェイントとパスワークがずば抜けていて、シュートスピードも1年生とは思えないものでした。

こんな上手い奴と、この先試合で戦わんとアカンのか・・・?

と、イキナリ厳しい現実を突きつけられた気分でした。


さらにビックリさせられたのは、全ての日程が終わり、全員で片付けていた時の事。

当時から人好きだった私は速攻でS高の1年生に話しかけ、片付けをしながら色々と話をしたのですが、何とS高は中学選抜の彼以外は全て高校からハンドボールを始めたばかりだったのです。

ついさっき、私達をボコボコにしていった彼等の殆どが、私達と同じ時期にハンドボールを始めたばかりだったなんて・・・。

ショックを受けた私は、帰りのバス内で皆に話したものの、同じ様にショックを受けた者は少なく、『後2年あるんやから』といった雰囲気でした。


そもそもS高の生徒達と積極的に話をしていたのも私だけ。
(こういった、私とチームメイトの間にあった少しの温度差が、後々色んな問題になったりするのでした。)


そして合宿が終わり、8月中旬・・・夏休みも終わりかけた頃に『秋季大会』が始まるのでした。。。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hansukehandball.blog111.fc2.com/tb.php/253-4c0f4225
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。