上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
湧永製薬レオリック

小学6年のときにハンドボール部に入った私は、中学になってもハンドボールの事は気になっていました。

なので、新聞のスポーツ欄に日本リーグの結果が載っているのを、よく見ていた記憶があります。

その中で『大同』『大崎』『湧永』の名前をすぐに覚える事が出来たのですが、いかんせん中学生時代の私は『湧永』という漢字を「ワクナガ」と読む事が出来ませんでした。

恥ずかしながら、ずーっと「スウエイ」と読んでいたhansukeです。


さて、湧永製薬レオリック。

自分が高校で本格的にハンドボールを始めた時に、日本代表のエースとして活躍されていた玉村健二選手が所属していたチームでした。

自分は左利きでしたが背が低かったため、高校時代はずっと右サイドでプレーをしていましたが、それとは関係なく、同じ左腕の玉村選手にすぐ憧れを抱くようになっていました。

なので、玉村選手を応援=湧永製薬を応援 する様になっていました。

ちなみに・・・五輪予選の初日、会場ロビーで応援のチラシを配っていた時に、次々とお客さんが入場されてくる中で、目敏く玉村氏を見つけてドキドキしていました(笑)。


昨季2位の湧永製薬ですが、山口選手、坪根選手、濱本選手、下川選手といったベテラン選手に加え、中堅どころの古家選手、東選手、若手の東長濱選手など、プレーを見た事がある選手が結構多いです。

やはり全日本総合や日本リーグのプレーオフ(昨季は見れませんでしたが)などで見る機会が多いからでしょうねー。

東長濱選手は、日体大時代の全日本総合での試合を大阪で観戦した事がありますし・・・。

また、山口選手は2歳上、坪根選手は同い年ということで、特に注目しています。
(気がつけば同い年の選手って坪根選手と佐藤良彦選手(大崎)くらいしか残っていないのか・・・。ちょっと寂しいですねー。)


やはりオフェンスの中心は東選手と古家選手でしょうか。

最近の湧永製薬の試合としては秋田国体の決勝を見た程度なので、やはり実際の試合を見てみないと・・・ですね。


湧永製薬の試合は、10月28日広島での大崎電気戦と、12月1日愛知での大同特殊鋼戦を見る事が出来そうです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hansukehandball.blog111.fc2.com/tb.php/249-d5ad0db4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。