上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日・今日と事務所で一人ぼっち
別に寂しくなんか無いんですが、今日の午前中にちょっとした地震があり、少しだけビビッてたじろいだhansukeです。

どうもやっぱり阪神大震災以来、地震は少し苦手です


さて、ドイツのブンデスリーガは男子が11節、女子が10節までを終えています。

男子は残念ながら、今期1部リーグでプレーする日本人選手は居ませんが、世界最高峰リーグと言われるだけあって、それぞれの試合は本当に見応えがありますねー。


さて、現在首位を走っているのはTHWキール

リーグ序盤から次々と怪我人を抱え、欧州チャンピオンズリーグでは左右の両エースまで怪我をしてしまい、ブンデスリーガでの戦いにも大きな影響が出ていました。


が、緊急補強を行い、また、既存の選手達の地力もあり、ここまでアウェイでの1敗(フレンスブルグに32-37)のみ。

他のチームが星の潰しあいをする中、気がつけば定位置とも言える首位の座に座っていました。

11節のネッテルシュテッド戦では、チャンピオンズリーグで怪我を負っていたカラバティッチ(フランス代表)が復帰、いきなり7得点を奪う活躍を見せました。

また、左利きのツァイツ(ドイツ代表)やセンターのロフグレンも復帰し、4シーズン連続優勝に向けて視界良好・・・でしょうか???



2位につけているのがHSGノードホルン

序盤は下位チームとの対戦が多かったものの、ホームでマグデブルグやフレンスブルグを下し、アウェイでもライン・ネッカーをやぶるなど、ここまで12試合(ノードホルンだけ1試合消化が多い)で9勝2敗1分と好調です。

チームのエースは左腕のグランドルフ(ドイツ代表)
ここまで76得点でチームトップ、リーグ全体でも得点ランク2位につけています。

また、左腕のヤン・フィリップ(チェコ代表)も68得点を挙げ、チーム躍進の原動力となっているようです。(最初「右腕」と表記していましたが、詳しくご存知の方から『ヤン・フィリップは左腕ですよ』と教えて頂きました。ありがとうございました!)



3位はHSVハンブルグ

日頃から『中立』と言い続けているワタクシですが、ハンブルグだけは譲れません。

大ファンです。

日本代表とHSVハンブルグが試合したら、どっちを応援しようか真剣に悩んでしまう程です。


他のチームより1試合消化が少ないものの、8勝1敗1分と昨シーズンの好調を維持している様子。
気になるのはホームでライン・ネッカーと引き分け、フレンスブルグに敗れた事。

そして、エース尹京信(韓国代表)の調子がイマイチ上がっていない様子である事も気になるポイントです。

3日のTusemエッセン戦では尹が11得点を挙げ『おぉ、久々の2ケタ得点やん。復活したんか?』と思っていたら、11得点中9点が7mスローによる得点・・・と、少し微妙な雰囲気。


なんといっても、6日の第12節はアウェイに乗り込んでのキール戦!!

ここで勝てば・・・むふふ(謎の笑い)。
(でんでんさん、勝負ですよ!)



以下、フレンスブルグ、メルズンゲン、ライン・ネッカーと続き、グンメルスバッハは8位、レムゴーが9位、マグデブルグは10位と出遅れてしまっています。



とか、知ったかぶりのように書き記していますが、実際私も知らないチームが大半を占めており、知っている選手も先の世界選手権で活躍した選手や、昔の選手ばかりです。

世界選手権の試合は一部ネット上に流れた事もあり、ご覧になった方も多いかも知れませんね。

現在、世界のトップを争っているクロアチア、フランス、スペイン、ドイツ、ポーランドなどの代表選手達の多くは、ブンデスリーガかスペインリーグに所属しています。


今の私がブンデスリーガの試合を見る楽しみは、これら各国の代表選手達を見る事が中心になっています。


ハンブルグを好きになった理由が

・韓国代表の尹京信(おなじみ2m左腕)が新加入した事
・元ロシア代表のイゴール・ラフロフが所属していた事(昨シーズンで契約切れ)
・ドイツ代表のパスカル・ヘンズが湧永製薬の中山監督の現役時代のプレーにそっくりだった事
・フランス代表のベルトランド・ジル、ギョーム・ジルのいぶし銀なプレー
・ドイツ代表の左サイドでもあるトルステン・ヤンセンの高確率なサイドシュート
・ポーランド代表の左腕リジェウスキ(若い方)が居た事

と、完全にミーハーです(苦笑)。

そもそものキッカケは尹京信ですし、Iラフロフと尹、そしてワタクシは同い年という事で、そりゃー応援したくなりますやん!?



いまやブログで勝手にブンデスリーガの事を書きまくっていますが、まだまだ知らない事ばかりで、こちらをご覧になって下さっている方々には判り難い点が沢山あるかと思います。

これからもっと勉強して、胸を張って『ヨーロッパのハンドボールの事なら、オイラに聞きな フッ』と言えるように頑張りますので、どうか1つよろしくお願い致します。


ちなみに・・・私が世界選手権を見て魅了されたクロアチアの選手達は、スペインリーグか自国のリーグに所属している選手が多いため、現在なかなか見る事が出来ないのが残念です。

また、スペイン代表の選手達もスペインリーグでプレーする選手が殆どですね。


来年開かれるユーロ2008では、本当に多くのスター選手が沢山見られる絶好のチャンスですねん。

さぁ、ネット配信されるかな??

情報が入れば、すぐにこちらで書き記したいと思っていますが・・・。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hansukehandball.blog111.fc2.com/tb.php/228-3184ab22
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。