上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.07 中国戦 前半
日本のスローオフで試合開始。

スタートメンバーは、田中、東濱、早船、水野、坂本、そして藤井が右サイドに入っている・・・対する中国は0-6一線ディフェンス。めちゃ高さがある。


出足の攻めは逃すも、日本も0-6ディフェンスで立ち上がりをしのぐと速攻から藤井がロングを打ち込んで日本先制。

すぐさま中国のエースにスタンディングを決められるが、早船がミドルを打ち返し2-1。


日本のディフェンスちょっと動きが鈍そう・・・

カットインから2-2。さらに7mで2-3と逆転を許すと、お互いにシュートを決められない展開が続く。


高さのある中国ディフェンスに対し、ローリングからポストへ落とす攻撃を繰り返す日本だが、思うように通らない。

そこへ東濱が豪快なミドルを叩き込んで3-3。
すぐに中国の長身左腕にスタンディングを返されるも、田中が7mを2本決めて日本が逆転に成功!


日本のディフェンス、このあたりから動きが良くなった感じ・・・GKの勝田が7mやノーマーク、ミドルを次々とシャットアウトしてリズムが良くなった。


そして東濱がミドルを決めて6-4。
今日の日本は東濱や藤井が積極的にミドルを狙う姿勢を見せ、ここまで(前半12分)のシュート率も60%。

さらに田中のミドルで7-4、藤井、東濱もミドルやカットインを決めて常に3点差をキープする。


今日はネット回線の調子が悪いのか・・・映像が何度も止まってしまう。
再接続してる間にも得点入ってるし(汗)


中盤お互いに攻めきれず無失点の時間帯が続くが、21分に早船がミドルを打ち込んで11-7と4点差。

中国はここでタイムアウトを請求。。。

タイムアウト明け、中国がロングを打ち込んで3点差になるも、すぐにクイックスタートから藤井がサイドから決める。

東濱が強烈なミドルを打ち込めば、GKの勝田が好セーブを連発!
ポスト、ミドル、速攻を次々と止め、日本のリードを保つ。

終盤連続失点があったものの、前半は14-13と日本がリードした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hansukehandball.blog111.fc2.com/tb.php/185-a4555217
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。