上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忙しくしている間に、女子の世界選手権はファイナルを迎えてしまう事になりました・・・。


最終日は順位決定戦が4試合行われる予定になっており・・・


7-8位決定戦  アンゴラvsハンガリー

5-6位決定戦  韓国vsフランス

3-4位決定戦  ドイツvsルーマニア

決勝 ノルウェーvsロシア


となっております。

日本代表にとって大事なポイントとなるのは、北京五輪最終予選で対戦する事になる4位と5位がどこになるのか・・・という事ですね。


つまり

・ドイツかルーマニア(負けたほう)
・韓国かフランス(勝ったほう)
・日本
・カタール

が総当りで対戦し、上位2チームが北京へ・・・という事。

いやー、上2つはどこが来ても厳しいですねー。


日本代表とハンガリーの試合を見ている限り、試合にならない程の差はないと私は感じたのですが、ドイツやルーマニア、フランスといったチームとの差はどうなんだろう・・・そして韓国は?

ぶっちゃけ、8月のアジア予選で日本が韓国に勝った事は参考にならないでしょうし、実際のところ日本が早々に敗退してしまった世界選手権で、韓国は5-6位決定戦にまで進んでいる訳で・・・その実力はホンマモンでしょう。



しかし、最終予選に進む事が出来、そこで欧州のトップチームとガチンコで勝負できる事にも意義はあると思います(協会や選手の皆さんの気持ち次第ではありますが)。

そこに進む事が出来なかった男子の分まで・・・(現時点では・・・ね)


もし、最終予選に負けてしまったとしても、単に『最終予選に出ましたが、負けてしまって五輪には出られませんでした。』だけで終わらないように・・・


日本ハンドボール界が前へと進めるように、時間を無駄に過ごして欲しくないですね!!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hansukehandball.blog111.fc2.com/tb.php/175-a6941171
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。