上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドイツのブンデスリーガは2月1日から男子も再開されました。

第20節の1日、2日は全7試合が行われ、THWキールがアウェイでマグデブルグを33-30で破り首位に立ちました。

2位はアウェイでグロースバルシュタッドに31-26と勝利したHSVハンブルグ(尹京信は2得点)。

前節首位に立っていたフレンスブルグはゲームがなく、消化が1試合少ない中で勝ち点1差の3位となっています。


現在の得点ランキングは

1位 ヴィルチンスキ(ベルリン/オーストリア代表)132点
2位 カラバティッチ(キール/フランス代表)126点
3位 ヤン・フィリップ(ノードホルン/チェコ代表)125点

で、昨シーズン得点王の尹京信は110点となっています。




一方女子は12月の世界選手権休みを挟み、1月からシーズンが再開されています。

18節を終えて、昨シーズンの女王ニュルンベルクがここまで15勝2敗1分で首位
に立っています。

2位はライプツィヒ、3位はレヴァークーゼン。

田中麻美選手が所属するブックテューダーは8勝8敗2分で6位につけています。



男子の2部南地区では植松伸之介選手が所属するEHVアウェが8勝10敗1分(19試合)で12位、河田浩貴選手が所属するConcordiaデーリッチは8勝11敗1分(20試合)で13位となっています。

アウェは残り15試合、デーリッチは残り14試合です。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hansukehandball.blog111.fc2.com/tb.php/118-0e2db20b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。