上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日撮影させて頂いていた全日本ハンドボールマスターズ大阪大会の写真が日本協会のフォトギャラリーに掲載されました。

1試合15分ハーフ&4コート同時進行という状況で、1チームあたりの写真数はすごく少ないのですが…是非ご覧いただけると嬉しいです。


日本ハンドボール協会HP→http://www.handball.jp/


スポンサーサイト
2011.08.24 撮影予定
関西学生秋季リーグの撮影予定がなんとなく決まりました。
仕事と家庭とハンドボール撮影のバランスをとるのは本当に難しく(汗)、8月の全国中学生では撮影に行けなくて…せっかくお声掛け頂いたのに本当に申し訳ありませんでした。


今秋は春にもお邪魔させてもらった【伏見港】と久しぶりな【太陽が丘】…あとは同志社大学へお邪魔しようと思っています。


伏見港と言えば…照明がちょっと撮影しにくいんですが(春の撮影記事はコチラ→http://hansukehandball.blog111.fc2.com/blog-entry-530.html)、四の五の言わずにシャッター切りまくってきたいと思いますw


太陽が丘には2日程伺う予定なのですが、どちらもコート2面。
1部の試合も同時進行されるので、久々の2試合同時撮影になりそうです(マスターズでは4試合同時でしたが)。
2面だとどうしてもゴール裏のスペースが…なので、太陽が丘ではコートサイドからの撮影が多くなりそうですが、いつもと違う角度からいつもと違う雰囲気の写真が撮れればなぁと思ったりしています。


同志社大学での撮影は初めてになります。
ちゃんと辿り着けるかなぁ…まずそれが心配ですね(汗)
ここは1面だけなので、じっくり撮影できるかな?体育館の明るさがどんな感じか…楽しみです。


今回はトータル4日間撮影させてもらう予定なのですが、その中で1試合しか撮影出来ないチームもあるし、4試合撮影出来るチームもあるので、太陽が丘の同時進行では出来るだけ撮影試合数の少ないチームを優先しようと思っています。


試合会場では是非とも気軽にお声掛け頂けると嬉しいです。
先日行われた西日本インカレ…男子は関西大学が、女子は大阪教育大学が優勝されましたね。
両チームの皆さん、本当におめでとうございます♪

特に男子の関西大学は準決勝で大阪体育大学を破り、決勝では昨年のインカレで惜敗していた中京大学に勝利しての優勝ということで、喜びもひとしおのことと存じます。

秋のリーグでも両チームをはじめ、男子は大体大や同志社大、女子も大体大や武庫川女子大など、例年以上の【群雄割拠】なリーグとなりそうですね♪


さて、その関西学連の秋季リーグの日程が発表されました。

今年はインカレが例年より早く開催される事等の影響から、いつもより過密日程となっているようで…。
普段撮影させてもらっている会場での試合がなく、また9月~10月初めは家庭の用事も色々とあって…春のようにマメな撮影は難しそうです(汗)

特に、男子の関大と大体大、女子の大教大と大体大が対戦する最終節はどうしても行きたかったのですが、残念ながら法事が入り断念。
また、9月は3連休が2回あるのですが、そのどちらかは家族でお出かけの予定が入る事になりそうです。

それでも各大学最低1試合は撮影したいと思っています。
自分が久しぶりに関西学生リーグを見に行った年に1回生だった選手たちが今年4回生となり、大学ハンドの集大成となる秋リーグ…個人的な注目選手が目白押しです♪
チームとしては男子の大体大が西日本インカレのリベンジなるか。また、同志社大も力のあるチームですし、2部から昇格してきた立命館大も西日本インカレでインカレ出場権を獲得し、勢いがありますね♪
女子は大体大と大教大の2強に武庫川女子大と関西大が肉薄か。
西日本インカレでも2強と接戦を演じていますし、この4チームの対戦は非常に楽しみです。
個人的にはチームの主軸が4回生になった同志社大や、男子と同じく西日本インカレでインカレ出場権を得た立命館大に注目です♪

また、1部だけでなく2部にも注目が。
男子では入れ替え戦に敗れた天理大が2部でどのような戦いっぷりを見せるか…。
その天理大に対し、春季リーグで1位ながら入れ替え戦で京産大に跳ね返されてしまった京都大学や大阪大、近畿大が挑みます。また、3部から昇格してきた滋賀医大も新チームになり、どういったプレーを見せてくれるのか楽しみです。

女子は入れ替え戦で敗れ降格してしまった京都教育大…春季リーグでは8位だったとはいえ好試合を演じていましたし、2部を戦う今秋はやはり頭一つ抜き出ているか?という印象です。


さぁ、見たいチーム、見たい選手がてんこ盛りですが、うまく日程調整が出来るのか…もうちょっと頑張って考えようと思います(←不安)
ハンドボールの全日本マスターズ大会は本日最終日でした。

7人制の順位決定型は男子が下松クラブアダルツが優勝♪(昨年に続く2連覇!)女子は地元大阪の御座姐が優勝しました。


今日は一日舞洲アリーナでの撮影でした。

男子交流型にはWAKUNAGAが登場。元湧永製薬の長澤さん、田中雅彦さんをはじめ、服部さん、池ノ上さん、山本伸二さんら往年の名プレーヤーが勢ぞろい♪
自分も実は過去に山本伸二さん達と大阪社会人リーグで試合をした事があり、木端微塵に散った事があります(苦笑)。
「ステップシュートってこんなに速く投げれるの??」っていう驚きを覚えた記憶が今も頭の中に残っています。

また、兵庫選抜では同じく元湧永の穂積さんが強烈なミドルシュートを放っておられました♪

そして女子の順位決定型を制した御座姐では元日本代表の市来さんや武津さんらがプレーされていました。


個人的には十数年ぶりにお会いした方(今年マスターズデビューだそうで)に、「お前…太ったな」と禁断の言葉をかけられ…笑顔でかわしつつも少し凹んだり…(涙)。



さて、今回は大阪での開催という事もあり、初めてマスターズ大会を撮影させて頂きました。
初日の11人制では大雨に見舞われましたが(雨男でスミマセン)、土日は快晴に恵まれ(…いや、室内競技なんだから関係ないんですが)…どの試合も熱い中にほんわかした雰囲気を感じました。

ベンチや観客席からはお子様方の「天使の声援」がパパママを後押しし、コート上では飛び散る汗に足を取られ(?)転倒される選手もちらほら…それでも滞空力のあるジャンプシュートを打ち込まれる選手や、タイミングを外したステップシュートを魅せる選手、味方を鼓舞すべく愛のある(?)ヤジも飛び交うなど、【これぞまさにマスターズ!】といった感じでした。

また、会場内では選手の方、スタッフの方から色々とお声掛け頂きました。
普段寂しがり屋なので、沢山の方とお話する事が出来て本当に嬉しかったです♪

残念ながら参加された全てのチームを撮影する事が出来ず…それだけが心残りです。


今回撮影した写真は、後日見て頂ける形になるかと思います。
まずは少しでも編集作業を早く…はい、頑張ります。


今大会に携われた全ての関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした。
素晴らしい3日間をありがとうございました。
今日は全日本マスターズ大会2日目でした。

舞洲アリーナ(3面)、サブアリーナ(1面)、千島体育館(1面)、住吉スポーツセンター(1面)、東淀川体育館(1面)、長居球技場(1面)…計6会場8面を使用しての開催です。

自分は撮影したい試合の都合上、午前中は舞洲アリーナ(サブアリーナ含む)、午後からは千島体育館へ移動しての撮影となりました。


舞洲では4面が同時進行…しかも試合時間は15分ハーフ…全てのチームを撮影しようと思うと、1チームあたりの撮影時間は3分というキビシー条件でしたが、あっち行きこっち行き…と移動を繰り返し、何とか舞洲アリーナで試合をした全試合全チームの撮影が出来ました。

午後からお邪魔させてもらった千島体育館は1面のみだったので、1チームあたり15分かけて撮影出来ました。


試合の方は交流型、順位決定型とも各試合盛り上がっておりました♪
また交流型とはいえども、やはり「負けるのは面白くない!」といった雰囲気があり、最後まで勝負にこだわるシーンが多々見られました。


個人的には昔大阪社会人リーグでプレーしていた時に対戦した事のある方々が居られたり、ツイッター等でやり取りさせてもらっている方々とご挨拶させてもらったり…また、友人がプレーしていたり、その友人のプレーを見に来ていた高校時代の同級生と再会したり…と、本当に様々な出会いがありました。

そして、男子順位決定型に参加されている【オールドフェイス】というチームは大崎電気のOBが中心で、私が高校時代にテレビで見ていた名選手達のプレーを目の当たりにする事が出来ました♪
やっぱカッコ良かったなぁ…。


さて、明日は最終日です。

舞洲アリーナでは順位決定型の決勝戦をはじめ計24試合が行われ、自分も撮影に行かせてもらいます。
また、千島、住吉では各5試合、東淀川では4試合が行われる予定です。

残念ながら全てのチームを撮影する事は出来ませんが、明日も精一杯撮影したいと思います。
舞洲グラウンドにて、全日本マスターズ大会初日(11人制)の撮影をしてきました♪

23080501.jpg

第一試合が始まる11時を前に、会場では雨がパラパラ…でも降ったり止んだり。
どうなるんかなぁ…と思っていたら、試合開始前に雨が止みました♪

11人制のハンドボールを見るのは久しぶり。
以前(十数年前)長居球技場で行われた大阪ハンドボールフェスティバルで11人制に参加した事があり、その時【思ったよりシンドイ】と思った記憶があり。。。

で、今日実際にプレーを見ると、7人制よりもコートが広くゴールまでの距離も長いため、当然【走る距離も長い】【ボールを投げる距離も長い】訳ですね。

CP10名はディフェンス5名、オフェンス5名に分担されているのですが、守ってからの速攻になるとディフェンスの選手も一緒に走るので、「すごい運動量だなぁ…」と思いながら撮影しておりました。

オフェンスも7人制とはルールが一部違い、何度ドリブルしてもOKだったりする分、プレーの幅が広い。
シュートもただ広いゴールへ投げ込むだけでなく、ポストを絡めたプレーやズラしてサイド勝負…といった7人制と同じような崩し方から得点を挙げていくのが面白い♪

そして、ロングシュートは強く投げるのではなく、少しフワッとした軌道でゴール隅を狙うといった高度なシュートシーンも多く見られました。


残念ながら第3試合頃から雨足が強くなる中でのプレーとなりましたが、皆さん本当に真剣に…そして楽しくプレーされていました♪
あ、でも第1試合や第2試合の頃は皆さん笑顔でプレーされていてとても楽しい雰囲気だったのですが、最後の決勝戦はまさに真剣勝負!といった緊迫感もみられましたね。


全試合が終了した後、閉会式が始まると天気が一変…ピーカン日和に(苦笑)

23080502.jpg


晴天の下、全員で集合写真を撮って初日は無事終わりました♪


明日・明後日は各体育館で7人制の試合が行われます。
自分はどうしても撮影したい試合の都合上、午前は舞洲、午後は千島へと出向く予定です。

いつもの学生リーグとは違う雰囲気を楽しみたいと思います♪
今週金曜日より、大阪で第19回全日本マスターズハンドボール大会が開催されます。

去年まで愛知県豊田市で行われていた同大会…実は一度見てみたいと思っていた大会でした。

往年の名プレーヤーをはじめ、昔ハンドボールをされていた方達が一堂に会してプレーを楽しめるって良いですよね。

そんな大会が今年は大阪で開催…これは行かない手はない訳で♪

という事で、5日(金)~7日(日)までの期間中、会場に出没する予定です。

金曜日は舞洲グラウンドにて11人制。
土曜日と日曜日は舞洲アリーナ(3面)、サブアリーナ(1面)、千島体育館(1面)、東淀川体育館(1面)住吉スポーツセンター(1面)長居球戯場(土曜のみ、1面)で7人制の順位決定型、交流型の試合がそれぞれ行われます。


舞洲アリーナって3面とれるのか!?と思っていたのですが、先日西医体を見に行った時すでに3面状態になっていまして…バッチリ3面でした。
すごく狭いけど…カメラマンの移動が大変そうですけど…(汗)

今のところ、初日→舞洲グラウンド、二日目→舞洲アリーナ&千島体育館、三日目→舞洲アリーナ の予定ですが…状況に応じて移動するかも。

昔一緒にプレーした事のある方や友人も出場するので、彼らのプレーをしっかり見つつ、大会の雰囲気を楽しみたいと思います♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。