上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月6日から中国で開かれる女子の中国国際ハンドボール大会。

その概要が日本協会HPに掲載されています。

http://www.handball.jp/games/2007/chugoku_w/chugoku_w.html

代表の顔ぶれを見てみると・・・国内組のみの構成で、若い選手が多く選ばれています。

東濱選手、藤井選手、植垣選手ら世界選手権経験組に加え、巻選手や上町選手ら日本リーグで活躍している選手、そして個人的に気になる樋口選手も選ばれています。

今回はヘッドコーチが藤本元さんになっていますが・・・ベルトバウワー監督は同行しないのでしょうかね?若手育成を目的とした遠征という事でしょうか。

こうした若手中心のメンバー構成も、将来を考えるとワクワクします。
是非、実りのある遠征にして頂きたいですね!


-----------------------------------------------

中国国際の情報が出たから・・・という訳ではないのですが、ずっと書きたかったネタが色々とありまして。。。


一部の競技を除き、どんなスポーツにも『世代交代』の時期は訪れるものです。

プロ野球は、毎年加入する新人選手が大きく取り上げられ、1年目から実績を残す選手も沢山居られますねー。


さて、ハンドボールはどうでしょう?


世界的に見ると、先のヨーロッパ選手権で2位に入り、世界最終予選で日本と対戦するクロアチア代表・・・

世界No1センタープレーヤーと言われるバリッチ選手は28歳(バリッチ選手はまだ28歳で、4月に29歳になる年齢でした。お詫びさせて頂くとともに訂正させて頂きます。申し訳ありません。)、ポストプレーヤーのボリ選手やラツコビッチ選手は27歳と油の乗った世代です。

その一方でイヴァン・クピッチ選手はまだ21歳(もうすぐ22歳)で、今回のヨーロッパ選手権では7試合で19得点を挙げる活躍を見せています。


THWキールやフランス代表でもエースを務めるカラバティッチは23歳。



今後も日本との対戦が数多く行われるであろう韓国代表・・・

左腕のチョン・スヨンは22歳ですなぁ。

彼のプレーは2試合(豊田と代々木)しか見ていませんが、キレのあるフェイントと強烈なミドル・器用にサイドシュートもしっかり決めてくるというスタイルは、往年の趙範衍選手を思い出します。

姜在源→趙範衍・趙致考→尹京信→李才佑→チョン・スヨン・・・

羨ましいくらいに名左腕プレーヤーが輩出されてきますねぇ~。


では日本は?


今年大学を卒業する予定の選手達が、既に日本リーグデビューを果たしているようで、私が見に行った高砂大会では大崎電気のGK東選手とサイドプレーヤーの小澤選手が試合に登場していました。
(湧永製薬も大学卒の選手がデビューを飾ったようですね)

ちなみに、先日のアジア選手権に出場した日本代表・・・最年少は東長濱選手と海道選手のお二方で共に23歳。

続いて門山選手と富田選手、志水選手が24歳と、若いメンバーが増えたなぁという印象はありますが、一方で左腕が少ないのは左腕マニアのワタクシには個人的に寂しいところ。。。

日本の中心選手は宮崎大輔選手や末松誠選手が26歳・・・次の五輪予選を十分に狙える年齢ですね。

さぁ、後に続くのはどんな選手でしょう?

そういった意味では、今年11月のインカレは何とか見に行きたいところです。
(今のところ、行くつもりっすよ<兄貴)





今回のアジア選手権については、開幕前からメンバーの編成に疑問をぶつける声を多く目にしましたし、結果を受けてその声は更に大きくなっていると思います。

代表として戦いに臨むからには、結果が出なければ批判の目を向けられるのはある程度仕方がないでしょうし、期待の裏返しでもあるのではないでしょうか?


さぁ、5月の世界最終予選にどういったメンバーで臨むでしょう?

クロアチア・ロシア・アルジェリアのうち、2勝が必要(場合によっては1勝1分という事にもなりえますが)になるハイレベルな戦いになりますが。


これまで以上に厳しい目で注目しているファンが沢山居られる事でしょう。

そういった期待に応えて頂きたいですし、是非結果を残して頂きたいですね!

スポンサーサイト
=グループ?=

1位 THWキール 2勝1敗 +13
2位 アデマールレオン 2勝1敗 +10
3位 メドヴェーヂ 2勝1敗 +4
4位 USイブリー 3敗 -27

~第3節~
アデマールレオン(スペイン) 28-24 THWキール(ドイツ)
USイブリー(フランス) 29-34 メドヴェーヂ(ロシア)

~第2節~
アデマールレオン(スペイン) 30-22 USイブリー(フランス)
THWキール(ドイツ) 28-25 メドヴェーヂ(ロシア)

~第1節~
メドヴェーヂ(ロシア) 30-28 アデマールレオン(スペイン)
USイブリー(フランス) 25-39 THWキール(ドイツ)

----------------------------------------------

=グループ?=

1位 シウダッドレアル 3勝 +13
2位 グンメルスバッハ 1勝2敗 -2
3位 モンテペリエ 1勝2敗 -4
4位 RKヴェレニエ 1勝2敗 -7

~第3節~
グンメルスバッハ(ドイツ) 27-28 シウダッドレアル(スペイン)
RKヴェレニエ(スロベニア) 33-28 モンテペリエ(フランス)
 
~第2節~
グンメルスバッハ(ドイツ) 33-30 RKヴェレニエ(スロベニア)
シウダッドレアル(スペイン) 27-24 モンテペリエ(フランス)

~第1節~
RKヴェレニエ(スロベニア) 22-31 シウダッドレアル(スペイン)
モンテペリエ(フランス) 41-37 グンメルスバッハ(ドイツ)

----------------------------------------------

=グループ?=

1位 HSVハンブルグ 2勝1分 +6
2位 RKザグレブ 2勝1敗 +7
3位 サン・アントニオ 1勝2敗 -1
4位 SGフレンスブルグ 1分2敗 -12

~第3節~
HSVハンブルグ(ドイツ) 32-29 サン・アントニオ(スペイン)
RKザグレブ(クロアチア) 29-25 SGフレンスブルグ(ドイツ) 
 
~第2節~
HSVハンブルグ(ドイツ) 32-29 RKザグレブ(クロアチア)
サン・アントニオ(スペイン) 30-22 SGフレンスブルグ(ドイツ) 

~第1節~
SGフレンスブルグ(ドイツ) 33-33 HSVハンブルグ(ドイツ)
RKザグレブ(クロアチア) 29-23 サン・アントニオ(スペイン)

--------------------------------------------

=グループ?=

1位 FCバルセロナ 2勝1敗 +14
2位 GOGスヴェンボー 2勝1敗 +2
3位 ツェリェ 1勝2敗 -7
4位 ピック・セゲド 1勝2敗 -9

~第3節~
ピック・セゲド(ハンガリー) 28-33 FCバルセロナ(スペイン)
GOGスヴェンボー(デンマーク) 34-33 ツェリェ(スロベニア)

~第2節~
FCバルセロナ(スペイン) 39-28 ツェリェ(スロベニア)
ピック・セゲド(ハンガリー) 34-33 GOGスヴェンボー(デンマーク)

~第1節~
ツェリェ(スロベニア) 35-30 ピック・セゲド(ハンガリー)
GOGスヴェンボー(デンマーク) 35-33 FCバルセロナ(スペイン)

まず・・・

イランで行われていた男子のアジア選手権は、韓国が4大会ぶりの優勝を果たしました。


色んな意味で注目を集めたクウェートとの決勝でしたが、審判はロシアの方が務め、とてもクリーンな試合になったとの事・・・。


バーレーンが途中で帰国する等のトラブルもあった大会でしたが、公平なジャッジの元で全試合が消化された事は本当に良かった・・・次に繋がる大きな大きな大会になったと思います。


そんな中、アジアの東西分離についてのニュースも流れていたりしますが・・・


ニッカンスポーツより

ハンド・アジア予選、東西分離開催協議へ
http://www.nikkansports.com/sports/f-sp-tp0-20080226-327554.html



これまで10数年間、全く前に進む事のなかった問題が、この数ヶ月間で凄まじい勢いで変化を見せ・・・『嬉しい』という気持ちとともに、その変化のスピードに戸惑いを感じていたりします。

(って、私が戸惑っていても仕方ないのですが(苦笑)。)


今後は・・・

まずは日本リーグ。
各チーム残り1~2試合を残し、いよいよ終盤戦。そしてプレーオフへと突入ですね!

大崎vs湧永はチケットが前売り発売されているようで、当日の会場は盛り上がるんでしょうねー。


個人的には、プレーオフはテレビ観戦出来そう(録画して後日・・・かもですが)なので、国内最高峰の熱い戦いを楽しみたいと思っています。


そして、女子の五輪最終予選・・・

何とかして試合が見られると良いのですが・・・出来れば日本全国の皆さんに、先の韓国戦とは違う日本代表を見てもらいたいです。

12月の世界選手権・・・ハンガリー戦での日本代表は凄く良かったです。

ハンガリーも日本対策を打ち出してくるでしょうが、日本も負けずに研究しているでしょうし、頑張って欲しいですね!!


さらに、春の高校センバツと春中も始まります。

センバツは今年も徳島・・・行けそうな場所なんですよね(悩ましい)。
嫁さんの顔色と相談します(苦笑)。



-----------------------------------------------------

今朝、車の中で聞いていたラジオでは『卒業式』について、色々なお便りを紹介していました。


自分が高校を卒業したのが今から16年前・・・卒業式で歌ったのは、槙原敬之の「どんなときも」でした。
(これで時代背景が、ちょっとわかります?)

既に社会人になってからも高校の仲間とハンドボールを続けるって決めていたので、部活内での寂しさとかは無かったですが、同級生との別れはやっぱり寂しいものでした。

(ちなみに、当時好きだった女の子に前日電話して、「明日の卒業式が終わったら、一緒に写真撮ってな!」とお願いしていたにも関わらず、当日完全に忘れ去られていた為に写真を撮れず(しかも声掛けられず)、とても寂しい想いをした事が今でも心の小さな傷となって残っているのは内緒です。)


社会人になり、一般企業に務めながら社会人リーグに参加した時は、沢山の諸先輩方に助けてもらいっぱなしで・・・自分も年を重ねていくうちに、こういうしっかりした大人になっていけるのだろうか?といった不安を持っていたものです。


気がつけば、その当時の先輩方の年齢を追い越してしまいましたが・・・自分は相変わらず子供っぽいなぁと痛感する事が多々あったりします。


「卒業式が行われる季節=確定申告の季節」なので、この時期は一日のほとんどを事務所で過ごす様になっているのですが、それでも休憩時間や自宅に帰ってからの時間、自分の学生時代を思い出す事が多かったりする季節でもあります。


ブログ内で、自分のこれまでのハンドボール人生を振り返って書き記してきました(最近はすっかりご無沙汰ですが)が、ハンドボールに限らず、その『人生を振り返り、思い出す作業』をしているうちに、それがいつの間にか『過去を懺悔』する作業へと変わっていたりします。


いつまでも、『理想の自分』にはなれないものです・・・。




今の『自分の理想像』を思い浮かべてみると、実際の自分とのあまりのギャップ(体重じゃないっすよ)に苦笑いを浮かべてしまう事もありますが、焦らず騒がず一歩ずつ近づいていけるように頑張っていこう!と、新たに誓う・・・2~3月は自分にとって、そんな季節でもあったりします。

2008.02.26 お詫び
昨日の記事に、

明日の朝に韓国vsクウェートの結果を見るのが楽しみです♪

と書いてしまいましたが、決勝の韓国vsクウェート及び3位決定戦のイランvsサウジアラビアは今日26日に行われる予定でした。



私の勘違いのせいで、ご迷惑をおかけした事をお詫び申し上げます。

申し訳ありませんでした。



決勝は現地時間17時開始ですので、日本時間だと今夜22時半開始という事になります。

本当にすみませんでした。
イランで行われているアジア選手権は、今日が最終日になります。

日本代表は中国との7-8位決定戦に臨み、38-35で勝利。最終順位は7位となりました。

選手・スタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。


この後も順位決定戦は次々と行われる予定になっており、

5-6位決定戦 バーレーンvsカタール

3-4位決定戦 サウジアラビアvsイラン

決勝戦 クウェートvs韓国

が行われる予定です。


・・・が!


バーレーンが帰国したとのニュースが・・・

以下、スポニチより

バーレーンが大会中に帰国
http://www.sponichi.co.jp/sports/flash/KFullFlash20080225019.html


今回の順位決定についてはAHFの規定に従ったものであり、私自身は不当とは思っていませんが・・・ただ、大会の開催前にドローミーティング等で確認されなかったのかな?という疑問は持っています。


さて、もう一つなんと言っても注目なのが決勝戦。

クウェートvs韓国ですね。

9月に豊田で繰り広げられたあの試合から約半年・・・

どういった試合が展開されるでしょう。明日の朝、結果を見るのが楽しみです♪


※高砂大会より

7mスロー
7mスローに挑む、大崎電気の内田選手と北陸電力の安藤選手
高砂での大崎電気vs北陸電力戦・・・写真は300枚以上撮ったのですが、使えそうなのは20枚もないかも(涙)

ちゃんと三脚持っていけば良かった(汗)
あと、レンズもちゃんと考えないと・・・これからも試合の写真は撮り続けていきたいですしね。


しばらく写真のアップは出来ないかも知れません(日本リーグのプレーオフが終わった頃くらいになるかもです)が、ブログの更新は出来るだけ続けようと思っているhansukeです。


さて、今日も少し雑談ですが・・・

昨日の兵庫県高砂市は雪も舞い散る寒い一日でした。
選手の皆さんや遠くから来られていたお客さん等は、交通の便が大変だったのではないでしょうか?

そんな寒い中、高砂市では『高砂ハンドボールカーニバル2008』というイベントが行われ、小学生から日本リーグまで色んな試合が行われていました。

私が会場に到着したのが13時過ぎだったのですが、『はばタンカップJrハンドボール大会』という小学生大会の決勝戦が始まったところでした。


こういった試合が行われていたとは!

・・・いつかは小学生の試合が見たいと思っていたワタクシ(今年夏の全日本小学生大会には絶対行きますよ!)にとっては、嬉しいイベントでした。

試合は神戸ラスカルズvs伊保小学校という対戦カードでして、ラスカルズは左45度に身長の高い選手がいて、高さを有効に使ったフリースローやサイドからのズラシなどの戦術が見てとれました。

一方、伊保小学校はポストにパスを落としたり、豪快なステップシュートを放ったりと、こちらも見応え十分の攻撃をしていました。

審判のジャッジがちょっと曖昧な感じがしましたが、小学生の試合でのジャッジも難しいのだろうなと思いながら前後半20分の試合を楽しませてもらいました。

こうやって、近くで色んな大会が行われていたりするのでしょうねー。
色々と探してみようと思いました!


ちなみに前述の全日本小学生大会は、今年7月に京都府京田辺市で行われる予定です。

どれだけ仕事休めるかわかりませんが、出来る限り会場に足を運びたいなと思っています。




さて、今シーズンの日本リーグも残り試合わずかとなりました。

今シーズンは今までにないほど、会場へ足を運ぶ事が出来ました。

豊田で一緒に活動させて頂いた方々と再会出来たり、インターネットを通じてお知り合いになる事が出来た方々に直接ご挨拶する事が出来たり・・・と、とても有意義な時間を過ごす事が出来ました。

今シーズン、会場でお話させて頂けた皆さん、本当にありがとうございました♪

来シーズンの日程はまだ発表されていませんが、時間とお金(と嫁さん)が許す限り、来シーズンも会場へ足を運びたいと思います。


--------------------------------------------------------

遅くなりましたが、ヨーロッパチャンピオンズリーグ、メインラウンドの第3節の結果です。


グループ?
アデマールレオン(スペイン) 28-24 THWキール(ドイツ)
USイブリー(フランス) 29-34 メドヴェーヂ(ロシア)

1位 THWキール 2勝1敗 +13
2位 アデマールレオン 2勝1敗 +10
3位 メドヴェーヂ 2勝1敗 +4
4位 USイブリー 3敗 -27


グループ?
グンメルスバッハ(ドイツ) 27-28 シウダッドレアル(スペイン)
RKヴェレニエ(スロベニア) 33-28 モンテペリエ(フランス)
 
1位 シウダッドレアル 3勝 +13
2位 グンメルスバッハ 1勝2敗 -2
3位 モンテペリエ 1勝2敗 -4
4位 RKヴェレニエ 1勝2敗 -7


グループ?
HSVハンブルグ(ドイツ) 32-29 サン・アントニオ(スペイン)
RKザグレブ(クロアチア) 29-25 SGフレンスブルグ(ドイツ) 
 
1位 HSVハンブルグ 2勝1分 +6
2位 RKザグレブ 2勝1敗 +7
3位 サン・アントニオ 1勝2敗 -1
4位 SGフレンスブルグ 1分2敗 -12


グループ?
ピック・セゲド(ハンガリー) 28-33 FCバルセロナ(スペイン)
GOGスヴェンボー(デンマーク) 34-33 ツェリェ(スロベニア)

1位 FCバルセロナ 2勝1敗 +14
2位 GOGスヴェンボー 2勝1敗 +2
3位 ツェリェ 1勝2敗 -7
4位 ピック・セゲド 1勝2敗 -9


これで一通りの対戦が終わった訳ですが、こうして見るとやはりアウェイでの戦い方が非常に重要になりますね。

個人的に一番注目しているグループ?では、ハンブルグがホームの2試合を確実に勝ち、アウェイ(フレンスブルグ戦)を引き分けて首位に立ちました。

が、残り3試合中アウェイが2試合(ザグレブ戦、サンアントニオ戦)残っているため、まだまだわかりませんね。。。

メインラウンド第4節は今週末に各地で行われます。

2008.02.25 高砂大会
日本リーグの高砂大会を見てきました。

詳細は後日書き記したいと思っていますが、まずは両チームの選手の皆さん、お疲れ様でした。


会場では、色んな方々と出会う事が出来ました。

久しぶりにお会いできた方もおられましたし、ずっとお会いしたかった方ともご挨拶する事が出来ました。


試合は大崎電気が北陸電力を下しましたが、会場は満員に近い観客数でしたし、試合終盤には大崎の首藤監督もコートに立って会場が沸きました。。。


首藤選手


残念ながらシュートはありませんでしたが、久しぶりのユニフォーム姿に少し鳥肌が立ちました!




今回はまともな写真が少なくて・・・出来るだけ良いものを選んで、後日掲載したいと思います。


ではでは・・・また後で。
2008.02.24 到着
da335ed0.JPG会場である高砂市総合体育館に到着しました。


会場は昨日と今日、ハンドボールフェスティバルという事で、様々なイベントを行っているようです。

今の時間は地元の小学生が試合をしています。


以前から小学生の試合が見たかった私にとっては、とても嬉しいイベントです(≧∀≦)


朝からやってたんかなぁ~、もっと早く来れば良かったなぁ~と、一人で静かにはしゃいでいます(苦笑)

会場の客席はまだまばらですが、日本リーグの試合が始まる頃にはいっぱいになってるかな?
2008.02.23 RESTART
思いっきり独り言です。




昨年12月18日、ハンドボールの北京五輪アジア予選やり直し決定の一報が入ってから、テレビや新聞、雑誌、そしてインターネット上で『ハンドボール』という文字を色んな所で見かけるようになりました。

このブログにも沢山のアクセスを頂き、予選やり直しの反響を実感しました。


あれから2ヶ月が経って少し落ち着いた感もありますが、イランで開かれているアジア選手権の試合映像が情報番組等で流される等、ハンドボールに対する注目度は以前とは明らかに変化を見せています。


そのアジア選手権で、日本は予選リーグを1勝2敗1分で終え、準決勝へ進む事が出来なくなったとともに、世界選手権への出場権を逃してしまいました。

私自身、この結果を非常に残念に思いましたが、この目で試合を見ていない以上、あれこれ考えてもそれは『想像』や『憶測』でしかなく、自分には今大会の日本代表をキチンと評価する事が出来ません(評価するに値しないとか、そういう意味ではありません)。

--------------------------------------------------

大会に出場されている選手のブログや大型掲示板等には、選手への激励や労いの言葉とともに批判的なコメントも多く見受けられました。

『お疲れ様でした』という意見、『もっと頑張れよ』という意見、『やめてしまえ』という意見・・・

それぞれ個人が感じた思いは様々です。


国を代表して大会に臨んだチームが結果を残せなかった時、批判に晒されるというのはどの競技、どの国にも見られる事です。

それが良いのか、良くないのか・・・という事についても、それぞれ意見があるかと思います。


ファンからの叱咤激励が選手の力へと変わるのであれば、それは素晴らしい事だとは思いますが、ただ、文章は人によって読み方が変わってしまう事もありますし、とても難しいなぁというのが自分の思いです。

----------------------------------------------------

また、『これでまたマイナースポーツに戻ってしまう』とか『マスコミや一般の人達が逃げていく』などといった意見もよく目にしました。

これも色んな意見があって当然かと思いますが・・・。

私はアジア選手権で予選リーグを突破出来なかったからといって、昨年12月以前と同じ状況になるとは思っていません。

やり直し予選での韓国戦で、ハンドボールというスポーツの面白さは十分伝える事が出来、『ハンドボールを見てみたい』『やってみたい』という意見も目にする事が出来ました。

なにより、アジア選手権が正常に運営されているという事実・・・これまでのアジアでの経緯を知る多くの方々が心から臨んでいた環境になっている訳で。

あとは勝つ力を身につければ良い・・・


今、マスコミが逃げてしまい、ハンドボールを取り上げて貰えなくなったとしても、代表が五輪や世界選手権に出れば、今までよりも取り扱いは大きなものになると私は感じています。


-------------------------------------------------------

色んな方のブログを拝見させて頂いていると、静かに見守られている方も居られれば、思いの丈をぶつける方も居られました。。。

皆さん、本当にハンドボールが好きなんだなぁと実感しました。
(もちろん、自分もハンドボールが好きですよ)



代表への期待感・・・選手の皆さんも十分に感じていらっしゃったかと思います。

昨年末から続くハンドボール熱は今までにない盛り上がりを見せ、注目度はこれまでにない程でした。

また、正常化されたアジア選手権で、中東勢に勝って欲しいと願っていたファンは多かったでしょう。

それだけに残念な思いを抱いたのは、ファンだけではない・・・選手の皆さんも本当に残念に感じ、悔しい思いをされている事でしょう。


それを次にどう活かすのか・・・注目したいところです。

---------------------------------------------------------

ライバルであり、9月の豊田や代々木でのやり直し予選で熱い戦いを演じた韓国は、尹や趙らが不在でも予選リーグを全勝で突破しました。

技術的な強さだけではなく、精神的な強さも持ち合わせた韓国に、この先も日本は挑み続けていかなければなりません。

また、韓国やサウジアラビア、カタールだけではなく、予選リーグでクウェートを破ったイラン、そのイランに勝ちクウェートとも接戦を演じたバーレーンなど、アジアには『強敵』がウジャウジャ存在している事がわかりました。


『笛』という問題がクリアされた事で、アジアの勢力図が少しずつ見えてきました。


日本は中国との7-8位決定戦にまわります。

ここが今のアジアにおける日本の順位です。


この先、五輪や世界選手権に出るためにはもっと強くならなくちゃいけないという事。



正常な運営の下で全ての試合を消化していたとすれば、選手やスタッフの皆さんが感じた『悔しさ』は、今までとは違うものだったでしょう。

是非、その『悔しさ』を今後の強化に活かして頂きたいですね。



RESTART=再出発



この言葉が今の日本代表に合う言葉なのかどうかもわかりませんが、一ファンとして今後の代表に期待したい思いはこの言葉に尽きます。。。



私とは違う思いを持たれている方も多く居られると思います。

なので、今回は一個人の独り言として捉えて頂けると嬉しいです。

-----------------------------------------------------



明日は高砂での『北陸電力vs大崎電気』を観戦してきます。

フロアでの写真撮影は許可貰えませんでしたが、観客席をアッチコッチ動きながら撮影してきたいと思います(首藤選手、出てくれるかな?)。

ブログへの写真掲載許可は頂けましたので、エエ写真が撮れたら載せたいと思います。


高砂へいらっしゃる皆さん、明日はよろしくお願い致します。。。
2008.02.22 残念
多くの方がご存じかと思いますが、アジア選手権で日本はカタールに32-31で敗れ、準決勝進出を逃しましたね。

まだ順位決定戦が残っていますが・・・


残念な結果になってしまいました。


今回の日本代表の結果をどう捉えるのかは人によって違うかと思いますが、私自身は詳しい情報等を持ち合わせていない為、何とも言い難い気持ちです。


ただ現実として、日本は来年の世界選手権には出られない訳で、それが非常に残念です。


詳しい情報が出るのを待ちたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。