上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第48回全日本実業団ハンドボール選手権の情報が日本ハンドボール協会のHPに掲載されています。


今年は岩手県での開催・・・という事で、残念ながら観戦には行けない訳ですが。

男子ではFC琉球が出場しますね。
(田場選手は右手の怪我の状態どうなんでしょー??)


大阪からは八光自動車が出場・・・って、いきなり北陸電力さんですやんΣ(´д`;)

安藤選手・・・お手柔らかにお願いします


そして・・・

買っちゃいました

本気です
結構マジです(`・ω・´)
スポンサーサイト
ユーロ2008本選のドローミーティングが行われ、4グループの組み分けが決まりました。

グループA
・クロアチア
・スロヴェニア
・ポーランド
・チェコ


グループB
・デンマーク
・ロシア
・ノルウェー
・モンテネグロ


グループC
・スペイン
・ドイツ
・ハンガリー
・ベラルーシ


グループD
・フランス
・アイスランド
・スロヴェニア
・スウェーデン


各グループの上位2チームが決勝トーナメントに進出します。

面白そうなのはグループD。
フランス、アイスランドにスロヴェニア、スウェーデン・・・って

いやぁ、金払ってでも見たいですやん。

ブンデスリーガを見るようになって感じた事が沢山あるのですが、その中でも『アイスランド人は上手い』と改めて思うようになりました。
シグルドソンもそうなのですが、派手なプレーはなく堅実な印象があり、その中できっちり役割を果たしているという感じです。

フランスはハンブルグのジル兄弟がいますが、やはり注目はエースのカラバティッチでしょう。彼のパワフルなプレーには華がありますね。

華があるといえば、やっぱりスウェーデンのキム・アンダーソン

いやぁ、マジでグループDはじっくり見てみたいっすね。。。

今からメール作戦実行か???
ハンドボール男子のユーロ2008は予選プレーオフが終わり、本戦に出場する16チームが出揃いました。

うち、フランス・スペイン・デンマーク・クロアチア・ドイツ・ロシア・ノルウェー(開催国)は予選を免除されていました。

この後、本戦では4チームずつの予選リーグが行われます。

ちなみに、今回のプレーオフが終わり、シード順が以下のように決定しました。

第1シード
・フランス
・スペイン
・デンマーク
・クロアチア

第2シード
・ドイツ
・アイスランド
・ロシア
・スロヴェニア

第3シード
・ポーランド
・ノルウェー
・スロヴァキア
・ハンガリー

第4シード
・ベラルーシ
・モンテネグロ
・スウェーデン
・チェコ


本戦は来年2008年の1月17日ー27日まで、ノルウェーで開催されます。

なので、まだまだ先やんっていう話なのですが、実は今日6月22日にはその本戦のドローミーティングが行われ、予選リーグの組み合わせが決まるのです。

この大会がネット配信されるよう、心から願っていますが・・・。
チャンピオンズリーグが期待外れやったし・・・。

個人的には第4シードに入っているスウェーデンが注目です。
今期3冠を達成したTHWキールの主力選手にはスウェーデン人が多いですし、王国復活を期待する声も多いのではないでしょうか???
フランスもしくはスペイン等との対戦が実現すれば、それこそ金払ってでも見たいですやん。。。

この半年でキム・アンダーソンの美しいシュートフォームにすっかり惹かれてしまったので、是非今度は黄色のユニフォーム姿での彼のプレーをじっくり見たいものです。
仮入部期間が始まり、初めて手にしたハンドボールは、身長160センチに満たない自分にはとても大きな球でした。

手が小さい上に握力が弱かったので、松ヤニをつけないととても持てるものではなかったです。


毎日の練習は、まず僕達1年生が体育倉庫からボールを出し、コートのラインを引き、ボールネットをゴール裏に置いて・・・という準備をしてから始まりました。

まず全員でコート周りを数周走り、その後ストレッチ。。。

で、キャッチボールを始める・・・というパターンでしたが、このキャッチボールの段階で、1年生が20人も居るもんだから、ボールが足りなくなってちょっと大変だったり。。。

キャッチボールをしている自分を見て、左で投げている自分を見て先輩達が『おぉ、左利き居てるやん!』とプチ騒ぎ。
(後に「2年生に左利きが居なかったため」という事が判明。)


しかし私は・・・ボールがちゃんと持てない上に腕力もない子だったので、キャッチボールをしてても20メートルにギリギリ届かないという非力っぷりでした。


その後のシュート練習や1対1、2対2、反速攻、6対6などの練習メニューには1年生は参加せず、半面だけあるコートでシュート練習とフェイントの練習を1年生だけでこなしていました。

ジャンプシュートは小学校の時に経験していたので、割と注意される事もなく練習をこなしていけていました。


そして仮入部期間が終わり、気がつけば数名が練習に参加しなくなっており、15名前後が本入部をする事になりました。

中学時代にハンド部だった者が部長となり、その彼と仲の良かった者が副部長に決定。

そしていよいよ1年生チームでの初の対外試合を経験する事になりました。。。
今年もインターハイの予選が各地で開かれ、代表校が次々と決定しているようですね。

ワタクシの住む大阪でも春季大会が行われ、男女のインターハイ代表が決まりました。

男子決勝
此花学院 35-30 大体大浪商

女子決勝
宣真 26-25 四天王寺

という事で、男女ともセンバツ出場校が決勝で敗退するという結果になりました。

浪商、四天王寺ともセンバツではベスト8に入っており、インターハイでの活躍も期待できるか?と思っていたのですが・・・やはり大阪は激戦区。どこが勝つかわかりませんね。。。


(男子の此花学院はセンバツ予選を兼ねた昨秋の新人戦では準決勝で北陽に敗れ、その北陽を浪商が決勝で破りセンバツ出場を決めていました。
また、女子の新人戦では四天王寺と宣真が決勝で対戦し、その時は26-18で四天王寺が勝っていました。)


此花学院と宣真・・・私の代の時と同じインターハイ大阪代表となりました。
両チームのご健闘をお祈りしております。。。


2007.06.18 お願い
ネタがない訳ではないのですが・・・


このたび我が家では犬を飼う事になりました。

コーギー・カーディガンという犬種で、色はコゲ茶っぽい色です。


で、現在その子の名前を考えているところなのですが、なかなか決まらず夫婦間に重苦しい空気が流れております(苦笑)。

そこで・・・現在の候補名から、みなさんのご意見をお聞かせ頂きたいなぁと思いまして。。。

現在、夫婦で出し合った名前では・・

・おこげ
・おはぎ
・こてつ
・サスケ


といったところです。

他にも「ナッツ」「ちくわ」「はんすけ」←ぉぃ(苦笑)などが挙げられましたが、イマイチやなという事で却下。。。


この4つやったら、どれが良いと思いますか?

また、他に良い名前がありましたら、是非お聞かせ頂きたいなぁと思うのです。


※子犬の写真はコチラ

ちなみに男の子です。。。

ここ数日、ホントに色々と考えたのですが・・・難しいです。
是非、貴重なご意見をお聞かせ頂ければと思います。

久々の更新がこんなネタで申し訳ありません・・・(´・ω・`)
ちょっと本気でドイツ語を勉強してみようかなぁと考え中です。

実際、本を買って読んでいるのですが、やっぱりちゃんと習った方が良さそうな感じがします。

とは言え、学校に通う時間は持ち合わせていないので、NHKのラジオ講座とかテレビ講座等でも理解力は身につくのかなぁ・・・とりあえず試してみようかな??


今回ブンデスリーガの事を自分なりに半年間追いかけてきましたが、やっぱり理解できない文章がかなり存在しました。

翻訳ソフトや辞書だけでは正直追いつけませんでした。。。


最低限、文法部分が理解できれば、あとは単語の意味は調べながら・・・少しずつ覚えていけるかな??と。

んー・・・甘いかな?????


勉強するのは苦手なので、どこまで続くやらわかりませんが(苦笑)。


日本代表のスケジュールについて、日本ハンドボール協会のサイトが更新されていますね。
ヒロシマ国際と豊田・熊本で行われるJAPANカップの情報が更新されているようです。

男子の参加チームにエストニア選抜とありますが、吉田耕平選手のブログによりますと、どうやらチョコレートボーイズの一員として来日されるようですね。
吉田選手のプレーが見たいのはもちろんですが、以前湧永製薬に所属していたブルーノ・ブラマニスも監督として来日されるのでしょうねー。
日本に居てる間だけ現役復帰とかしてもらえんやろか??とか勝手に思ってしまうのはワタシだけでしょーか(´∀`*)


さて・・・ワタシが欧州のハンドボール事情に興味を持ち始めたのは、今から18年程前。。。高校1年生の時です。
当時、インターネットというものは存在せず、情報は月刊のハンドボール雑誌(スポーツイベント)のみでした。

ソウル五輪の翌年という事で、日本代表はメンバーの入れ替わり時期に入っており、玉村、荷川取(湧永)、宮下、首藤、矢内(大崎)、田口、橋本、山村(本田)などなど・・・。
また、若手のホープとして当時福岡大学の中山剛(現湧永監督)も召集されていたように思います(以上、敬称は略させて頂きました)。

そんな中、自分が初めて見た国際試合が『日本vsデンマーク』でした。

滋賀県で行われた試合はテレビで放送され、日本代表が初めてデンマークに勝ったという試合になりました。
当時のデンマーク代表を詳しく覚えてはいませんが、長身の若手ヤコブセンが大暴れし、キャプテンで左腕の選手(名前は失念)のテクニカルなサイドシュートにも魅せられました。

その後、スポーツイベント誌の海外情報欄を読むようになり、ブンデスリーガでTusemエッセンが優勝した事や韓国代表の姜在源がスイスリーグで活躍する事などを見て、海外のリーグってどんなんやろ?と思ったものです。
試合のビデオを見るためだけにハンドボールショップへ通ったりもしました。


今、日本国内でハンドボールを楽しんでいる方の中には『欧州とか興味ない』という方は結構多いのではないかと思います。
実際にワタシの周りもそうですし・・・。

野球のメジャーリーグも、野茂選手が渡米するまでは興味のない方が圧倒的に多かったのではないか?と思います。
今は何名もの選手がアメリカに渡り活躍することで、他のメジャー選手の事も紹介されるようになってきました。
ロジャー・クレメンス、バリー・ボンズ、アレックス・ロドリゲス、ランディー・ジョンソンなどなど。。。(以上、敬称は略させて頂きました)
こういう状況が羨ましいなぁと時々思ったりします。

ハンドボール界では数名の選手が欧州に渡って活躍し、植松選手は昨季ブンデスリーガ1部でプレーをするというところまで上り詰めました。

それでも一般のニュース番組等で取り上げてもらえないのは寂しいところですね。

バスケでは田臥勇太選手がNBA入りを目指しています。
彼の事は時々ではありますが、ニュース番組のスポーツコーナーで取り上げられる事がありますね。
それは、彼が高校時代から世間の注目を集め、実際のプレーでも観客を魅了している事が要因の1つではないかと思います。

ではハンドでは・・・?
やはり宮崎大輔選手・・・という事になるのかな。。。

宮崎選手は以前自身のブログで『海外でプレーしたい』という意思を示された事があったと思います。

国内のリーグ戦には宮崎選手を見たいと思うファンが沢山集まっていると思いますし、彼が海外へ出るという事になれば日本リーグが盛り上がらなくなってしまうかもしれません。
しかし、それでも彼は海外へ行くべきだ!という意見もあるでしょう。

このような議論はハンドボールだけでなく、色んな競技で沸き起こっている事ですね。
日本という欧州やアメリカ等から離れた島国に住んでいるからこそ、出てくる問題なのでしょうが・・・。

では、宮崎選手以外では魅力がないのか??

ハンドボールを何らかの形で楽しんでいる人であれば、色んな選手の名前が出てくるのではないでしょうか?

五輪予選は、単に五輪へ出るためだけでなく、ハンドボールを世間にアピールするための大きなチャンスでもありますよね。

なので、テレビ中継があるのかわかりませんが・・・宮崎選手だけでなく、他の選手も一緒にアピール出来る機会があれば良いのになーと思います。


そして、宮崎選手がドイツやスペインリーグで活躍し、それをメディアがニュースとして取り上げられる日が早く来れば嬉しいなーとも思います。


自分はこれからもマイペースでブログの更新を続けていこうと思います。

ハンドに興味がなかったという人達や欧州には興味がなかったという人達にも、いずれ見てもらえるようになれば嬉しいですね。
2007.06.12 Super Globe?
金曜の夜にビリーをやった筋肉痛が、ようやく癒えてきたhansukeです。
あれから時間がなくて続けておりませんが・・・。


さて、日本代表(男子)の中国遠征は3戦3敗という結果に終わったようです。
あまり良い結果とは言えないでしょうが、フランス代表との試合では内容が良かったようです(田場選手のブログより)。
本番まで後3ヶ月・・・悔いのないように準備してもらいたいですね。。。


続いて・・・欧州ではテストマッチが行われたようです。

セルビア 30-29 アイスランド


セルビアは旧ユーゴスラビアですね・・・。
先の世界選手権には出場していませんが、やっぱお強いのでしょうねー。

アイスランドは概ねベストの布陣だったようですが。
(ステファンソン9点、ペターソン6点、グジョンセン5点、Gシグルドソン4点・・・といったところです。)


また、エジプトのカイロでは、5チームによるSuper Globeなる大会が行われたようです。

1位 Ciudad Real(スペイン)4勝0敗
2位 Al Ahly(エジプト)3勝1敗
3位 Mouloudia MCA(アルジェリア)2勝2敗
4位 Metodista SBC(ブラジル)1勝3敗
5位 Al-Qadsia(クウェート)0勝4敗

さすがというか・・・今シーズンのスペインリーグを制したシウダッド・レアルが全勝でこの大会も制した様です。

詳しい試合状況等はわかりませんが、こういった大会にクウェートのクラブチームが参加しているのには、正直羨ましいなぁと思いました。

日本や韓国に比べるとヨーロッパやアフリカに近い位置にあるクウェート等の中東勢は、スペインのトップクラブと真剣勝負が出来る環境にあるのですね。


今回のアジア予選には中東勢が出場してきます。
1位を逃しても2位であれば五輪最終予選もありますし、とにかく中東勢には負けて欲しくないですねー。

日本代表(男子)は明日から北海道で強化合宿がスタートします。

また、女子の代表は先週から欧州へ遠征中です。
中国国際ハンドボール大会2日目の結果が日本ハンドボール協会のサイトにアップされています。


んー、どうした日本???

2試合目もロースコアですな。
第1戦の戦評から、ディフェンスは機能しているのかな・・・と思っていたのですが。


そんな日本代表を気にしつつ、本日初挑戦してみました・・・

それは

ビリーズブート

ビリー・・・





いや、正直ね。最初ナメてましたわ。
ホント真面目な話、ハンドやめてから相当運動不足になってるんですけど、言うたかてこれくらいの運動は楽勝でこなせるやん!くらいの気持ちやったんですが。

初日の基本プログラムを終えると、Tシャツは汗だくになり、足元に敷いていたカーペットは大きくズレ、大きな息切れをしながら両膝に手をついている私がいましたよ。゜(´Д`)゜。

もちろん、そのままお風呂へ直行。汗を流し、マスカット100パーセントジュースを飲み干したところであります。


調子にのって、ゴムバンド(ビリーバンドではないですが・・・)も通販で頼んぢゃいましたわ(苦笑)。


嫁はあきれ顔で見ておりますが・・・しばらく続けてみますで。

sumiさんもやってるかな???
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。